ブログ運営術

【成功法則】近江商人の「三方よし」の精神は起業・ブログ運営術に通ずる【考察】



 

明治維新以前、滋賀県は「近江」と呼ばれていました。その近江出身の商人たちはとある思想哲学のもとに商売を行い、一代で巨万の富を得るほどの大商人となりました。

その思想哲学とは「三方よし」の精神であり、現在でも一流企業がその精神を付け継いでいます。トヨタ、高島屋、伊藤忠商事、ワコール、武田薬品工業、日本生命保険、ニチレイなどが主流です。

 

黒塚アキラ
「三方よし」という単語は聞いたことがあっても、その中身までは詳しく知りませんでした。これからのために参考になるかも知れません。
 

 
人生を自由に生きていくためには、責任と代償が必要です。

 

 



 

 

近江商人の「三方よし」を学び、ブログ運営に活かすには?

 

その「三方よし」の精神を学び受け継ぎ、自分の事業にも発展させたいと思っています。こんな素晴らしい方法を過去にしてしまうのはあまりにももったいないことです。

 
「三方よし」の精神を世界に広める会が発足されています。

 

今日は「三方よし」を知り、自分の仕事・自分の人生に活かせるようになるための考察を深めていきたいと思います。ただ知るだけではブログも仕事も、そして人生も発展しません。

 

売り手よし・買い手よし・世間よしの「三方よし」

 

売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心の底から満足し、さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献しなければならない。

 
「三方よし」の精神は、売り手と買い手、そして世間にも喜ばれる商売のやり方を説いています。売り手だけが満足すれば良いという方法はこの現代において通用しません。

また、世間からも信頼される商品づくり・働き方もしなければなりません。この精神はブログ運営においても同様であると思います。ブログだけに限らず、他の業種でもそうです。仕事面もしくは人生全てにおいて必要な思考法です。

 

今ブログ外で販売する商品を制作中(kindle個人出版)なのですが、この「三方よし」の精神は応用出来ると考えています。お客さんに喜んでもらえる、納得してもらえる商品を販売できれば、売り手も満足する。

そうすればその利益をもとに更に世間へ自分の思いを発信出来るようになります。そこから更に素晴らしい商品を販売出来るようになれば、多くのお客さんが喜ぶことになるでしょう。

もしかしたら明治維新以前の頃よりも、現代のインターネットがある方が「三方よし」の精神を使った商売は繁盛しやすくなるのかも知れません。

 
早くkindle出版出来るよう頑張ります。

 

 

陰徳善事

 

また、他にも気になっているのは「陰徳善事」という考え方です。陰徳を積むことって、何から始めていいのかわからないのですが興味があります(笑)やらなくてはならないんだとわかってはいますが・・・。

 

人知れず善い行いをすることを言い表したもの。自己顕示や見返りを期待せず人のために尽くすこと。

 

商売やブログ運営に関わらず、自分の人生全般において陰徳善事は行わなければならないと感じました。それは日本人としてというか、人としてというか・・・。

これからの時代は利益のみ追求だけでは生きていけません。誰が見ているかに関わらず、自然に陰徳を積めるような人格を磨いていく必要があると感じています。

 

利真於勤(利は勤むるに於いて真なり)

 

利益はその任務に懸命に努力した結果に対する「おこぼれ」に過ぎないという考え方であり、営利至上主義の諫め。

 

現代の全ての企業にこの精神が広まっていけば、日本はもっと豊かな国になるんじゃないかと思います。そう簡単には浸透しないでしょうけれど。

確かに利益を上げなければ生活が出来ませんし利益を求めることは間違ってはいませんが、それでも利益至上主義は今後捨てていくべきです。

 
まずは自分が楽しく、かつ納得して好きな仕事をやっていくのが一番なのかな?と思います。今は会社勤めをしていても確実な安定は保証されませんから。

数多くの人がプロブロガーとなり、そのブログで収入を得ている人が多いのは、会社勤めでは限界があることを知っているからだと思います。

ブログ運営はその第一歩で、インターネットという環境があればあっという間に世界中に自分の思いを発信出来ます。売り手の姿が一目でわかるネットの世界ですから、嘘や偽りは通用しません。

ネットで商売するハードルはこれからますます下がっていくことでしょう。

 

「始末」して「きばる」

 

「始末」とは無駄にせず倹約することを表すが、単なるケチではなくたとえ高くつくものであっても本当に良いものであれば長く使い、長期的視点で物事を考えること。また「きばる」とは本気で取り組むこと。

 

ブログもそのほかの仕事も「長期的な視点」を持つことが重要です。特にブログは、記事をたくさん作って投稿したからといってすぐにPV数が跳ね上がるわけではありませんから、すぐに結果が出なくても諦めずにやり遂げなくてはなりません。

長期的な視点は本当に大切ですね。WordPressでブログを始める前のHP時代から合わせてもう5年以上はやっています。長い(笑)

それでもまだまだこのブログは発展途上です。もっともっと長期的な視点でブログ運営を考えていくことが必要だと思います。

 
また、仕事に対して本気で取り組んでいくことも大事です。自分にとって楽しくなければ、それは仕事ではありません。食事のための「ライスワーク」ではなく、ライフワークを目指したいですね。

 
「三方よし」の精神はあらゆる事業に応用できる。

 

 
 

 
 

 

まとめ・感想

 

「三方よし」の精神、近江商人の成功哲学は現代でも応用できますし、人生そのものの生き方としても大いに参考になります。ブログ運営だけに関わらず、何かを始めようとするときに考えさせられるものがあります。

何より日本の有名企業がその精神を受け継いでいることから、その効果は間違いがないことがよく理解出来ます。私達は先人からの知恵を受け継ぎ、もっとこの国を豊かに出来るように行動を起こさなければならないと感じました。

 
 

ナナ
勉強になる!だけどそれを行動に移さなくては。
アキ
私達は、先人から智慧をもっともっと受け継ぐべきです。
 
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

黒塚アキラ

投稿者の記事一覧

自分の現実は自分で作る!と決め、あれこれと検証・研究する雑食ブログをやっています。引き寄せの法則や自己啓発が大好きで、食べ歩きをしています。自分の人生を悲劇にするのも喜劇にするのも自分次第。たくさんの夢を現実化させてやります!自分の人生に本気で熱くなる為のブログ作りを目指しています。

関連記事

  1. WELQ騒動に対しGoogleが検索アルゴリズムを改善。サイトの…
  2. 【ブログ運営術】読者の好奇心を生む刺激的な「記事タイトルの付け方…
  3. 祝・記事100本!到達後で感じたPV・訪問人数・環境・現実の変化…
  4. 【感想】「アフィリエイト秘書.com」の記事作成代行を依頼。その…
  5. 【kindle unlimited】ブログ運営術・WordPre…
  6. 祝・月間3万PV到達!PV数を上げる為の行動・環境の変化など。
  7. ブログは気楽に書く!継続のコツは「毎日更新」「難しく考えない」こ…
  8. 好きなことで生きる、ブログ起業という選択・・・「集客・ブランディ…

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」

PROFILE



「とりぷるL」へようこそ!管理人の黒塚アキラです。


Love!Life!!Learn!の3つを主軸とした、【たった一人の心を貫くブログ】を目指して活動しています。


引き寄せの法則・願望達成法などのスピリチュアルな分野、自己啓発、観光、美容健康などの検証にも取り組んでいます。幅広いジャンルで記事を発表する予定です。


人生に熱くなりたい!と思える充実した内容の記事の投稿、オリジナルイラスト・Web漫画を使った新しいスタイルの情報発信にも取り組んでいきたいと思います。


記事の1本1本を読者の皆様に満足していただけるよう頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。


★【黒塚アキラの詳細なプロフィールはこちら】★


黒塚アキラのTwitter

黒塚アキラのInstagram

とりぷるL はてブ支店

ILLUST GALLERY

hikiyose10

願望・目標を達成するために!

【お金を引き寄せる】経済的自由を目指す人の為のアファメーション65個 【絶対恋愛成就】日本最強の恋愛パワースポット「氷室神社」に行きました。 環境の整理整頓だけ!掃除風水で「幸せの川」に身を任せれば勝手に幸せになれる。

kindleで読書体験が激変中!

【kindle unlimited】世界を改革する!?ロシア発の「アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)」【感想】 【厳選特集】一生勉強!最強kindle良書を紹介! 【kindle unlimited】高額教材購入者が厳選、苫米地英人氏のオススメkindle本をご紹介。

美容・健康が一番の幸せ(笑)

【シミ・そばかす治療】体の内側から美白を目指す!ハイチオールCホワイティア服用中! 【体験談】初めての電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」で失敗しました・・・ 願望達成・引き寄せの法則・開運・自己啓発などなど・・・7大厳選特集!

お問い合わせはこちらから。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

題名

メッセージ本文

PAGE TOP