掃除と開運

掃除風水+断捨離を理解すると、成功・開運・運気アップが可能になる!



 

単なる「掃除で開運」の時代は終わったと感じています。

いまだに掃除ブームが続いていますけれども、ちょっとした臨時収入程度で実際に掃除で成功した例がありません。

掃除系のコンサルタント達ばかりがますます富み栄え、我々一般人とはどんどん格差が広がっているのを感じます。

 

私達が考えている「掃除」と、成功者が考えている「掃除」とは全く違うという意味なのでしょうか。

同じ日本語の「掃除」だし、しかも日常で行われる行為ですから難なく読者に受け入られているのだと思います。

しかし人生が変わっていない以上、読者の成功者の間に大きな隔たりがあるのは確かです。それは何なのでしょうか?

 

黒塚アキラ
掃除と風水、そして断捨離の考え方を取り入れ、より成功へと近づく為の思考法・環境を整えなければなりません。いくら掃除してもしばらくしたら散らかってくる人にこそ知ってもらいたいです。
 

 
シンプルに生きるのが成功の秘訣!

 

 



 

 



 

 

掃除・風水・断捨離で一歩でも多く成功へ近づく!

 

「掃除風水」とは?

 

綺麗な部屋と汚い部屋ではどちらが気力が満ちるかと言われれば、間違いなく綺麗な部屋の方が良いですよね。

環境を整えることが出来れば人の心にはやる気が満ち溢れます。しかし人間も部屋もずっと同じ状態を維持できるわけではないので、定期的に不浄を取り除き続ける必要があります。

気力を充実させ、更に空間(環境)を磨き続けることによって良いサイクルが生まれていくことは想像に難くないはずでしょう。

 

掃除は単に不要なものを押し入れにどんどん収納するだけではありません(笑)収納して見かけだけキレイにするのではなく、「捨てる」が本来の掃除です。

風水とは李家幽竹さんやDr.コパ氏が有名な、あの風水です。オカルトとも呼ぶ人もいれば「環境科学」と認定する人もいます。

 

つまり、空間を浄化し、大自然の無限の「気」を正常に取り込むことが目的です。

成功者の考える「掃除」に、私達読者が考えている「掃除」が近づくことが出来れば自動的に開運が見込めるのも夢ではありません。

 
別サイト様ですが、掃除風水についてとても参考になりました。

 

 
掃除で自動的に開運するには、まだ知らなければならないことがあります。

 

 

環境(空間)を整えることで成果を得る!

 

何と言っても、人間は空間や環境に順応して生きていかなければなりませんし、また環境に支配されてもいます。

ですからどうしても日頃の過ごす部屋の環境を整えていくことが絶対不可欠です。自分の部屋が一番のパワースポットとして機能しなければなりません!

 

自分の部屋から不幸が生まれ、幸福が生まれる可能性があると考えることが出来れば自ずと掃除したくなるでしょう。掃除せざるを得なくなってくるはずです(笑)

どんな神社やお寺よりも強力なパワースポットだとイメージして部屋の掃除・片付けを行えば、要らない物がかなり出てくるのではないでしょうか。

 

「掃除で開運」の勘違いをしていないか?

 

「掃除で開運!」系の自己啓発本やブームが巻き起こりましたが、単なる「掃除」ではありません。

床に落ちているホコリや髪の毛を取った程の掃除を行い、「よし、これで開運!」とはならないのです。これはただの自己暗示レベルであり、非常にもったいないです。

 

どんな規模の掃除でもそれ相応の達成感を得られるので、この高揚感を勘違いする人も多いのかも知れないのでしょうが、それでは「掃除風水」にたどり着くことはありません。

不要物を完全に処分することが唯一の近道なんです。

 

汚れやすいものはこまめに交換する!

 

また、掃除道具にも気を配ることが完璧な「清浄な空間」の近道だと考えています。雑巾やタオルひとつとってもそうです。

雑巾は掃除するたびに使い捨てていきましょう。もったいない!と思われるかもしれませんが、雑巾は一度汚れを受け止めています。

いくら洗ったとしても、そんな雑巾を再び床になすりつけたら・・・気持ち悪いと思います。これでキレイになるとは思えません。

 

雑巾・タオル再利用をしている方はこの事をよく考えてほしいです。雑巾だけを汚れるようにし、床だけをキレイにしていくこと考えれば絶対に使い捨てにしたくなるでしょう。

こんな雑巾で当然テーブルや食器は拭いていませんよね?顔だったらもっと拭けなくなります(笑)

汚れを受け止めやすいもの(モップ・タオル・雑巾・歯ブラシ・スポンジ・・・)は特に注意を払い、頻繁に交換するようにしたいですね。

 

「捨てる」ことから逃げない!

 

空間を完全に浄化し、自分の思い通りに運を呼び込むためにはこの問題を突破する必要があります。捨てたからといって思い出や記憶が消去されるわけではありません。

「いつか使うかもしれない」「まだ買ったばかり」「まだ使えるから」「思い出の品だから」「もう二度と手に入らないから」・・・と、文字通り過ぎ去ってしまった「過去」にすがり、仮定の未来を想像するのはナンセンスです。

これではいつまで経っても開運が出来ず、新しく環境を整え直すことも出来ません。

 

物を処分するストレスや心理的な問題は様々ですが、ここを乗り越えなければ、今まで通りただの凡人でい続けるだけです。それでは「掃除風水」を活用することが出来ません。

自分にとって本当に何が必要か?何を確実に残すべきか?と真剣に考えていけば、不要物を処分するストレスは快感に変わることでしょう!

 

幸運=不調を取り除くだけ!

 

私達は、真にやりたいことや目標・願望を既に備えていますし、見つけつつあります。ただ余計なモノ・情報に囲まれすぎて本来の自分を見失っているだけです。

掃除というのはつまり、無駄を排除するというこの一点に尽きるんです。ただそれだけなんです。

不要物を処分し、無駄を排し、思考をシンプルに整えていけば自ずと環境も整えられ、私達はもっと自由に飛躍できるはずだと信じています。

 

そうすれば自然に幸運が呼び込まれ、開運と導かれるのではないでしょうか?わざわざ掃除系の本を読んだり、コンサルタントの力を借りる必要はありません。

 
 

 
 

 

まとめ・感想

 

私達は常に不要なものに囲まれています。流行・娯楽は私達を楽しませてくれますが、逆に余計な思考・モノ・情報をため込ませてしまう傾向があります。

これらが全て悪いわけではありませんが、真に人生を改革しようと思ったら取捨選択が重要になってきます。

自分の人生をよりよく生きる為に、楽しく暮らしていくために、必要なことと不必要なことをきっぱりと分けていかなければなりません。

 
 

ナナ
私達は普段から雑多なものに囲まれやすい。取捨選択をしてシンプルに生きる方法を確立しなければならないんだ。
アキ
単なる掃除だけでは開運とは言えません。それは家事の範囲内のことです。
 
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

黒塚アキラ

投稿者の記事一覧

自分の現実は自分で作る!と決め、あれこれと検証・研究する雑食ブログをやっています。引き寄せの法則や自己啓発が大好きで、食べ歩きをしています。自分の人生を悲劇にするのも喜劇にするのも自分次第。たくさんの夢を現実化させてやります!自分の人生に本気で熱くなる為のブログ作りを目指しています。

関連記事

  1. 【開運・掃除】「努力・成功」は嘘!自動的に幸福になるほうが簡単!…
  2. 【開運】毎日の徹底的な掃除と整理整頓で人生は劇的に動く!【体験談…
  3. 「掃除×片付け+こんまり流」=最強に開運&理想の未来を引き寄せる…
  4. 環境の整理整頓だけ!掃除風水で「幸せの川」に身を任せれば勝手に幸…
  5. 斎藤一人氏が語る「掃除力」が感動!片付けよう・・・ではなく、捨て…

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」

PROFILE



「とりぷるL」へようこそ!管理人の黒塚アキラです。


Love!Life!!Learn!の3つを主軸とした、【たった一人の心を貫くブログ】を目指して活動しています。


引き寄せの法則・願望達成法などのスピリチュアルな分野、自己啓発、観光、美容健康などの検証にも取り組んでいます。幅広いジャンルで記事を発表する予定です。


人生に熱くなりたい!と思える充実した内容の記事の投稿、オリジナルイラスト・Web漫画を使った新しいスタイルの情報発信にも取り組んでいきたいと思います。


記事の1本1本を読者の皆様に満足していただけるよう頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。


★【黒塚アキラの詳細なプロフィールはこちら】★


黒塚アキラのTwitter

黒塚アキラのInstagram

とりぷるL はてブ支店

当ブログの厳選特集!



あらゆる願望を達成させましょう!

絶対に諦めない!「絶対恋愛成就」特集!

当ブログでは「絶対恋愛成就」シリーズの記事を複数出してい…

kindleで自己投資!

【日本再生!】マスコミの洗脳から自由になり、正しい「愛国心」を手に入れよう。

今、日本人としての責任感・使命感が試されています。…

好きな事で生きるには健康が一番!

【厳選特集】永遠の課題「美容・健康」を追及!

美容と健康の追及は一生継続したいですね。特に健康は何より…

ILLUST GALLERY

厚塗り7

お問い合わせはこちらから。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

題名

メッセージ本文

PAGE TOP