【Osho Zen Tarot】「過去のトラウマや思考の矛盾を解消し浄化するには?」を潜在意識に問いかける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

久しぶりにタロットの出番がやってきました。トラウマや矛盾など心の中に残っていて浄化されていないものを解消させなければ、いつまで経っても自分は進歩できないと思いつきました。土台がきちんとしていなければそれより上へ積み上げることなんてできません。だからこそ、過去の癒しが必要です。


そういうことならば、次は「タロットで潜在意識に聞いてみよう!」ということになりました(笑)この「OSHO zen tarot」を持っていない人にはわからないかもしれませんが、このタロットの効果と的中率、その内容には何度も度肝を抜かれているのですっかり信用しています。自分で自分のことを占うのですから誰の迷惑になっていませんよね(笑)安全で確実な方法です。


 

 











「過去のトラウマ、思考の矛盾、嫌な記憶などを浄化するには?」→信頼(TRUST)


今こそバンジー・ジャンパーになるときです。紐を結ばずに!絶対的信頼というこの質こそが、「水のキング」が私たちに要求するものです。ジャンプして未知なるものへ入っていけるとなったら、考えただけでも死にそうなくらい怖いのですが、それでも、とても愉快な感じがします。そして、信頼を量子的跳躍(クォンタムリープ)のレベルにまでもってくると、私たちは念入りな計画を立てたり用意したりはしません。




次になにが起こるのか考えもせずに、私たちはただジャンプします。その跳躍、そして虚空を自由に落ちていくときの、そのスリルが肝心なのです。それでも、このカードは、向こう側でなにが私たちを待っているのか、そのヒントを与えてくれています。


いずれ取り去られてしまうものを求めて自分の生を無駄にしてはいけない。生を信頼するがいい。信頼して初めて、あなたは自分の知識を落とすことができる、自分の心(マインド)を脇に置くことができる。そして、信頼と共に、なにか途方もないものが開け放たれる。そうなったら、この生はもはや普通の生ではない。それは神で満たされ、あふれるようになる。






———————————————–


何も恐れずに安全や保障を求めずにただジャンプするスリルと愉快さが、「向こう側」へ飛び込むためのカギとなっているみたいです。トラウマを乗り越える、過去の記憶に向き合う・・・などではなく、ただ生を信頼すること。これがすべてを浄化するきっかけになるのではと感じます。


「トラウマ解消」を行うことで過去に執着していることになり、潜在意識的にはあまり良くないのかも知れません。だからこそのこのカードが出てきたんでしょう。もっと大きな流れに身を任せ、絶対的に信頼すること。それが新しい生を得るチャンスにもなります。




問題の細かな対処ではなく、もっとスケールの大きなことに身をゆだねる。潜在意識はコレを言いたいのではないでしょうか?なんとなくそう感じました。過去の記憶、トラウマは数えたらキリがありません。むしろ嫌なことばっかりでした。それをひとつひとつ向き合うように対処していったら余計疲れます。しかしそうではなく、生を信頼し跳躍すること。これが今の自分には足りないようです。









Joy 喜び 角川書店単行本
KADOKAWA / 角川書店 (2014-11-04)
売り上げランキング: 44,812





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。





この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ