思考・行動・暴露

脳の力・意志の力を無駄に消費しないため、「浪費している思考」を調べてみる。

頭の中を整理する時間が欲しい。

昨日「【四次元の肉体進化を目指す】X-Power 第9話「記憶力向上法」感想」から1日経ちONE NOTEを眺めていたんですが、自分にとって「浪費していること」は何かを考え始めました。


脳がその処理を始めたのを感じます(笑)昨日から無動トレーニング+瞑想も追加して、脳のデトックスが開始されたのだろうと予想しています。今日は、「何が一番脳の力を無駄に消費しているのか?」を書き出してみます。


この話題について関連記事も充実しています。

時には仕事・夢・毎日の現実との向き合いについて愚痴ったり熱く語ったりしています。夢を達成するための仕事は必ずしも「夢のある仕事」とは限りませんが、この自問自答は自分にしか出来ない人生の中で新たな飛躍のきっかけとなるかも知れません。












「浪費している思考」とは何か?

これをONENOTEに書き出そうとしても手が止まってしまいました。文章化がめんどくさいという気持ちも多少ありましたけど(笑)でも文章化ならブログでも毎日やっているし、別に特別なことではありません。でもどうして手が止まったのかがわかりません。


「この思考さえなかったら・・・」と考えたらキリが無くて止まったのかも知れません(笑)
確かに、人間関係・健康・美容・コンプレックス・集中力・・・などどれも1番に浪費しているように感じるのでランク付けが難しいんです。X-Powerではランクをつけてそれをカットしなさい、ということだったんですけど。う~ん・・・。なんでしょうかね。




集中力が続かない、大事な課題こそ手につかない、その理由はこういった無駄な浪費が原因だと考えられるところまではわかったんですけど・・・(笑)最近気を付けるようになったのは、「未完了の作業」はさっさと終わらせるようにする、ということですね。放置して視界に残っていると気になりますし。


それとも、余計なことを考えすぎなんでしょうか。健康も人間関係も、今すぐに変化を起こせるわけではないし、そこはカットできませんから(笑)これも先週から考えてきた「優先順位」とつながってくる問題なので早めに解決したいです。



すぐさま不要な思考をカットし、シンプルに目の前のことに集中する!

まずは未解決の課題や作業を素早く完了させる、という習慣を身につけるようになりました。そこから始めなければ浪費している思考が何なのかがわかりません。優先順位を考えながら、思考のデトックスも行っていく。これが今週の課題ですね。




それとも、毎日完璧主義すぎるのでしょうか?毎日ブログを書いていると「~~しなければならない」と自分に言い聞かせるような言葉ばかりタイピングしてるような気がしているんですよね。これも悪いんでしょう(笑)


本当にやりたい課題を先に行い、脳のデトックスを行いながら思考の無駄をカットする練習をして、脳をうまく使う方法を学んでいくべきなのは間違いないですね。夢をかなえていくのは間違いなく脳のおかげですから、脳との付き合い方を知ることが第一です(笑)






TOEICハイスコア&英検取得&英語脳獲得に向けて勉強中!
現在この教材で英語勉強中です。発音や単語も覚えられ、ネイティブの英語がだんだん聞こえてくるようになってきました。英語がもっと好きになるオススメの教材です!


夢が本当にすぐ叶う 「引き寄せ脳」の作り方
KADOKAWA / 中経出版 (2017-10-12)
売り上げランキング: 951
夢が勝手にかなう脳
夢が勝手にかなう脳

posted with amazlet at 18.01.31
(2017-02-28)
売り上げランキング: 4,453





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。





英検&TOEIC勉強中!

  1. 【TOEIC】英語への心理的ハードルが確実に下がっている。英語がわかると世界が広がる!

厳選おすすめ記事

開運アクセサリー「アイランド・スピリット」は芸能人も愛用中・・・らしい。

ゲンを担ぐ芸能人も愛用中!?沖縄発の開運アクセサリー。芸能人が愛用しているとのエピソードとそ…

【Osho Zen Tarot】頭の中を「夢」でいっぱいにするには?

さきほど投稿した【未完了の課題を消化し頭の中をスッキリさせると、自然と「夢の文章化」をしたくなる。】…

サムハラ★マニア様のご発言:複数回並んでも大丈夫です。

転売屋に売るのも買うのもやめましょう!御神環はとても人気で転売が多いそうです。いくら御神環欲…

LINEスタンプ制作に挑戦!

  1. 【LINEスタンプ販売中】第2弾「魔法陣でひとこと召喚!」が便利なので売れています!

PAGE TOP