【Osho Zen Tarot】焦り、不安、危機感や内なる衝動への対処法を潜在意識に問いかける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今月初のosho zen tarotの時間です。


今回は、自分の中に潜む不安・焦り・危機感・焦燥感への対処法を潜在意識に問いかけたいと思います。osho zen tarotは比較や判断をせず、潜在意識からの答えをありのまま鏡のように映し出してくれます。このタロットを使うようになってから、潜在意識との対話が容易になり、「心の声」の意味がわかるようになりました。


















「焦り、不安、危機感や内なる衝動への対処法」→LETTING GO (手放し)



このカードを選ぶという事は、なにかが終わっている、なにかが完結していることが確認されたということです。なんであれ──仕事、関係、あなたが愛してきた家庭、とにかく、これまで自分とは誰なのかをはっきりさせるための手助けとなってきたに違いないもの──それを手放し、去って行かせる時です。しがみつこうとせずに、どんな悲しみも受け容れて──。




より大きななにかがあなたを待っています。発見されるべき新しい次元がそこにあるのです。あなたはもはや戻ることのできない地点を越えてしまい、重力が働いています。それと共に行きましょう──それは解放を意味しています。


無垢な人とは、戦うことを放棄した人のことだ。より高い位を占めることにはもはや興味のない人、自分は特別なのだということを行動で示し、証明することにはもはや興味が無い人のことだ。一輪の薔薇の花のように、あるいは連の葉の上のしずくのようになった人のこと、この永遠の一部になった人のこと、溶け、溶け去り、大海とひとつになり、まさにひとつの波になった人のこと、「私」という考えがない人のことだ。「私」の消失こそが無垢だ。





————————————-




意外な結果が出ました・・・!まさか一つの「完結」を迎えているとは。この衝動や不安感などの違和感は「早く次のステージへ行きなさい!」と背中を押し続けているということだったんでしょうか。今までこのタロットを使っていて疑ったことはありません。いつもしっくりきているし、そこに大きな意味を感じています。このカードの内容をしっかり覚えておきたいと思います。










Joy 喜び 角川書店単行本
KADOKAWA / 角川書店 (2014-11-04)売り上げランキング: 70,542







こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。





この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ