「何もしない日は必要」という感情がまだ得られない。何もしない日が怖い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

昨日、ブログ記事は投稿できませんでした。Twitterのつぶやきまとめは自動で投稿されるやつなので、自分で記事を投稿したものはありませんでした。かと言ってほかの日課をこなしたわけでもなく、ダラダラしたような1日です。


今月に入ってからまだしっかりとした達成感を得られていないような気がしてならないんです。しかしその一方で、「何もしない日を作ることも必要」という論調もありますし、それを本当に信じていいかわからないんです。ただ怠けているみたいで自分が許せないんです。











 






「何もしない日」を行ってしまうことが怖い。

「何もしない日」は本当にいいのか?調べてみたら結構あるんですよね。




休みの日、急に予定がキャンセルになってしまったり、なんとなく出かける気分じゃなかったりするとき、一日中ダラダラ過ごすとどうしても罪悪感を持ってしまいます。普段、仕事や家事に追われている分、たまの休みは有意義かつアクティブに過ごさなくちゃと思ってしまうんです。でも本当は「何もしない」時間だって大切なんだと、気付く出来事が...
またまたご無沙汰しております、もんだいちゃんです。突然ですが、実は私、先日仕事を辞めました。辞めた経緯や理由などは(別エントリで書くほどのボリュームはない気もしているが…)追って書いていきたいと思いますが、その後約1ヶ月弱、何もしない時期を過ごしていました。まぁ何もしないと言ってもずっと渋っていた免許取得に行ったり皮膚...
休日にいろいろ外出したり、やりたいことをやるということがあります。もちろん休日なので時間はあるので、やりたいことが十分にできることでしょう。 ですがあえて「何もしない」という行動を行うことも、結構悪くないです。「何もしない」というと、ぐうたらなイメージがどうしてもあるわけですがそんなイメージは払拭してください。 特に日...
現在の社会では、何につけても効率が優先され、通勤時間などでも寸暇を惜しんで知識を身につけることが奨励されるような風潮があります。私たちの生きる時間についても、常に「有意義」に過ごすべきであるという強迫観念を生みだしてしまいました。「うつ」の治療に欠かせない「何もせずに」療養するという際にも、罪悪感や焦燥感を抱かせる原因...
少しでも時間が空いてしまうと、何かをしなければ…と考えがちですが、必ずしも何かをすることが正しいとは限りません。人には「何もしない時間」が必要だということがわか...




でもどうしても、無理なんですよね。怠けているみたいだし、連日怠けているし、連日「何もしない」状態が続いているような気がするし。もうこのままの停滞状態は嫌なんですよ。


一歩でも確実に前進したい。ぬか喜びはもうしたくない。確実に人生のステージを上昇させたいんですよ。でも日常は普段のまま・・・「何もしていないから何も進んでいない」のです。その悪循環が苦痛なんですよ。




いくら言われていても、どうしても「何もしない」を作れないんですよね。怠けた結果の何もしない、ということならあるんですが、それだと意味が全く違ってきます。ただ怠けているのと「意図的に何もしない」は条件が違いますから。どうしても許せないし、自己嫌悪に陥ってしまいます。かといって脱出法があるわけでもなく。




旅行等でブログ更新できませーん!という理由ならまだわかりますが、ただ更新する気力が無い、記事ネタが思いつかない、といった理由では自分に負けたみたいで悔しいです。


完璧主義的なところは自覚していますが、「何もしないを作る」ということだけはどうしても我慢なりません(笑)何年も何年も同じ場所にいるのが苦痛なんですよ。どうしても、あと一歩!毎日一歩の癖がやめられないんですよね。









最高のリーダーは何もしない
ダイヤモンド社 (2016-02-08)売り上げランキング: 51,857


人生のしくみ 夢はかならず実現する
徳間書店 (2015-09-04)売り上げランキング: 6,552







こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。




この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ