【引き寄せの法則】願望達成直前に起こる好転反応について【考察】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

引き寄せの法則は不思議なもので、願望達成直前には必ずといっていいほど何かしらの事件が起こるようです。
この状態を「前兆」「好転反応」と呼ぶことがあります。
今回はその「好転反応」について考えたいと思います。何が起こるかわからないから引き寄せの法則は面白いですね!まだまだ研究のしがいがあります(笑)

 




 

願望達成の前には嫌なこと(自分の価値観から見てネガティブな事件)が起こるケースが多々あるようで、ネットではそれは「好転反応」と呼ばれます。
願望達成直前に起こる為のものだと思って受け止められれば、問題は無いのですが・・・。



なぜ悪い事が起こらなければならないのか?なぜそれを私達は受け止めなければならないのか?
それはまだよくわかりません。願望達成後の現実に移行できるように、先に今までの問題を片付けるかのように浄化をしているのだろうという推測しかできません。




好転反応=私達への試練?
もっと引き寄せの法則を使いこなせるようになっていけばいつかは理解できる時が来ると思います。
その「好転反応」は理想の世界への周波数を合わせたサインとも言われ、その事件・問題を解決できる力があるからこそ与えられた試練だと巷で考察されています。



私達は一瞬一瞬の未来程度でしか予測する事はできませんが、あまりその場の感情で価値判断してしまうのではなくもっと身を委ねて「全てがベストの状態である」と考えるようにした方がいいようです。
そう考えると全てが納得いきます。例え失敗したとしても死ぬようなレベルに遭遇することはほとんどありませんから(笑)



とはいっても、あらゆる現実の中で一体どれが好転反応なのかがよくわかりません(笑)
ただ思考と行動の一致がうまくいってなくて矛盾した現実が生まれているという可能性も考えてしまいます。
「全てがベストの状態である」と考えるとすれば、宇宙は常に私達の考えを読み取り、常に最良の結果を与えています。
「好転反応」や願望達成直前の「前兆」現象についてはまだまだ考察しがいがありますね。
これらが起こる理由がきちんとわかれば引き寄せの法則の活用もやりやすいだろうなと思います。




好転反応が表れた体験談
好転反応といえばやっぱり「職場の退職を引き寄せたこと」ですね(笑)職場を見事に辞めるまでは何人かが立て続けに辞めていきました。
当時はそれを「好転反応」というのかは知りませんでした。この単語を知ったのも最近でしたからね(笑)



連続辞職と職場の雰囲気が悪化していたこと、それも今思えば好転反応といえるかも知れません。
うまく辞める為には、会社的には人員を調整させていかなければなりませんからね。色んな事件が全て重なってこの結果になったのだと思います。
当時の事はもう思い出したくない出来事ですね・・・(笑)



その時だけの価値判断をせず、そのまま「辞める!」と強く念じてしまっていましたからね(笑)
普通はこんな事に法則を使わないものなんですけど・・・。この体験談なら好転反応が起きたと言えます。



事件が起これば起こるほど実現に近づいていると感じ、ある意味快感になってしまっていました(笑)
そういう会社だったんです・・・。それほどこの職場が苦痛だったんでしょうね。最悪でしたから(;´д`)
日頃のストレスが逆に引き寄せる力を強くしていった可能性もありますね。本来であればストレスを使うべきではないんでしょうけど。



当時は時間がかかりましたけど今なら法則の使い方にも慣れてきて、もっと時間を短縮して実現させられるはずなんです。
実現できたのもストレスからきていた真剣さではありましたが、この時と同じくらい真剣になって力強くイメージしていたのならもっと本願の達成も早くなるのでしょうか?



しかしストレスを利用するってのは辛いですよね・・・(笑)
願望を叶えるのならわざと苦痛が伴う環境にいなくてはならないという意味になってしまいますから。
今の生活に怠けてしまって真剣さが出ていないから好転反応と呼ばれるモノも自分のもとに表れていないのだと考えられます。
どんな結果でもそれは宇宙が常に私達の考えを読み取り、与えたものです。どんな思考でも、宇宙は常に読み取り続けています。



数多くのサイトが「全てがベストの状態である」「全ては(引き寄せが)うまくいっている」という事なら、自分の理想達成を真剣にイメージしなければなりません。



しかし、いつ現実化するのかわからない状態で毎日を過ごし続けなければならないのですから、一切を信頼しきるというのもまだ自分にとっては難しい話なんですよね(笑)
そこを信じていく事が今後の課題だと思います。




「好転反応」って本当は何?
この記事を作ってから数年が経ち、引き寄せの法則もかなり慣れてきた感じです。この嫌な職場を辞めた体験ももう何年も前なんですね。
ここまで来るのに良いことも悪いこともたくさんありました。
それらが全て「好転反応」と言われたらそうかも知れませんね。でもあちこちの潜在意識系のサイトを読んでみると、こういった現象の事を「自分を試している」と解釈する方が多いようです。



好転反応と名付ける人もいれば、そういう考え方もあるんだなぁと感じましたね。
確かに、試されることによってその願望達成の意思を(宇宙によって?)確認されているような気はしますよね。
その後本当に現実が動くことがあるのですから、試練だと思っても良いのかも知れません。



実際、その試練のおかげでたくさんの成長・学び・気づきを得ることが出来ました。
そう思うと「好転反応」や「前兆」と呼ばれる現象も悪くはないです。その一瞬は不安になったり落ち込んだり焦ったりすることもあります。
だけど、願望達成に確実に近づいているからこそ起こる事だと思えば気楽に構えられるようになります。



こうやって振り返ると本当に引き寄せの法則に従って生きていられるようになってきたのかな?と思えるようになります。
だけど、人って欲張りな生き物で・・・豊かさ・充足感をもっと感じたくなります(笑)
好転反応でも前兆でも何でも来い!って感じです。

引き寄せの法則: 願望の具現化
(2015-10-30)
売り上げランキング: 9,344
【原典完訳】引き寄せの法則
パンローリング株式会社 (2013-05-10)
売り上げランキング: 483





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。

この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ