【四柱推命】性格・長所・適職・恋愛・お金・病気など人生の総合的な運勢を調べました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0





各種占いで自分の人生の運勢を調べるのが好きで、過去にも様々な占いを見てきました。そして今回は「四柱推命」です。自分で調べて命式表を作成しようとしていたんですが、難しかったので挫折しネット上の四柱推命診断サイトを使いました。




過去に投稿した各種占いの記事はこちらです。
【この占いがすごい!―神聖開運占術大全(波木星龍)】古代エジプト占星術で11/23~12/2生まれの運勢と成功予知術を学ぶ!
【この占いがすごい!―神聖開運占術大全(波木星龍)】密教宿曜占星術で「胃宿」の2018年の運勢を調べる!
【二十八宿曜】知者か愚者か?独自分野で成功する?!波乱の宿命「胃宿」の運勢とは?
【ピタゴラスの数命術】運命数「3」は成功をおさめやすい強運の持ち主だった!


今回は四柱推命編なのですが、結構辛口なんですよね・・・胸に突き刺さる占い結果でした(笑)












四柱推命で占ってみた結果こうなりました。





●気質
草や花、雑草のような「マイナスの木」の気質を持っています。
実力で権力を得ようとする武将タイプです。
一見すると、弱いようですが、とても忍耐強く、柔軟な気質です。
精神的に我慢強く、柔軟な性格です。また、まわりのために尽くす、ボランティア的なことを好みます。


●性格
[表面的性格]
浮き沈みの激しい冒険家タイプ


人の非難や評判などに気をとられずに突き進むならば、道が開けます。壁は多いのですが、突き進む努力をすれば、だいじょうぶでしょう。仕事はまじめにこなしますが、頑固なところがあります。人を指導したり、管理することで能力を発揮するでしょう。また、物事をクヨクヨ考える性格で、直感力があり、短気ですぐに活動します。


[内面的性格]
利己主義的で自分のスタイルを貫くタイプ


行動は大胆で、チャンスにはとことん意志を貫きます。器用なところがあり、頭の回転が良いでしょう。好き嫌いがはっきりしていて、嫌いな人とは口も聞きません。しかし、才能や能力はきわだっていて、その能力を発揮できる環境では成功するでしょう。


[長所]
義理人情が厚く、理性的なところが良いところです。
また、心も清く、正義感が強いでしょう。
精神的持久力があります。


[短所]
人に偏見を持ちやすいところが欠点です。
また、嫉妬心が強いところがありますので気をつけましょう。




●恋愛運
しっかり愛情をそそぐ恋


あなたは恋愛に関しては、強気で押しまくるタイプです。強引さに引かれる相手ならば、それでもいいかもしれませんが相手の気質や性格をよく理解して接してあげることが大切です。


●社会運
地位と名誉を思考するタイプ


仕事運はよいのですが、変動が激しく激動の運勢をたどる暗示があります。もともと、指導性があり、管理能力を持っていますので地位、名誉、出世、社会性、職業性、指導性を求めることで発展を得られるでしょう。ただし、悪い面が現れると権力にこだわり、自分から努力をしようとしなくなります。


●経済運
波のある金銭運


地道に金銭を蓄財するタイプではありません。金銭運には波があります。うまくチャンスをつかめば、裕福な暮らしができますがひとつ間違うと大変なことにもなりかねません。何事にもラッキーで、金銭に関しても恵まれるでしょう。ただし、その恩恵を自分一人じめにしようとしたり、油断するとすぐに恩恵は去って行きます。


●健康運
喉、耳の病気に注意
肝臓、けいれん、神経の病気、不眠症、足の病気、頭の病気
ぜんそくなど喉の病気に注意してください。腎臓病やリウマチなどになる場合もあります。


●適職
飲食業、問屋、質屋、銀行、農業、保母(父)、サービス業、芸能界
政治家、自衛隊、警察官、弁護士、建築関係、技術職、スポーツ




———————————


当たってますね(笑)良いところも悪いところも。病気も(笑)しっくりくるんですよ。「○○したら成功できるでしょう」という感じの文章は特に腑に落ちます。これから求めようとしているところなどがしっかり的中しています。四柱推命で性格が完全にバレてしまいましたね。


適職のところは、性格的に向いているのか?と疑問に思っているのですがそのまま引用しました。芸能界も政治家も自衛隊も大変そうです・・・。自衛隊は昔憧れたことはありますけど(笑)そう考えたらコレも当たってるんですかね?すごい。油断できない(笑)









怖いほど運が向いてくる!四柱推命
青春出版社 (2017-09-01)
売り上げランキング: 62,405






こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。




この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ