【苫米地英人】高額英語教材「ブレインスピーキング」のバーチャル英会話が脳に効く!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0





今まで全く手を付けていなかったのですが、急にやりたくなったのでCD音声をPCに取り込んでみました。何でもいいのできっかけを作って教材を触ることが大事です。すぐに視界に入るところにあるんですから、やらないと(笑)


苫米地英人氏の高額英語教材「ブレインスピーキング」には英語ドラマが24話、字幕有り無しが選べて、その内容のDVDとCDが入っています。たったこれだけで本当に大丈夫なんだろうかと思われるかも知れませんが、本当にこれで大丈夫ですし、むしろ「英語ってこんなに簡単に学べるんだ!」と希望を持てました。


まずは音声をパソコンに落として、毎日聴いていくところから始めていきます!今回はその「ブレインスピーキング」についてご紹介いたします。













英語教材「ブレインラーニング」で臨場感のある英会話が身につく!





【「ブレインラーニング」「ブレインスピーキング」スタートガイドブック~最新の脳科学によるスピード英語学習法~】によると、臨場感空間を維持するためにバイノーラル録音をしているとのことです。


実際に音声を聴いてみると、その意味がよくわかります。右耳と左耳それぞれに聞こえる音の情報量が違い、実際にその場にいるような錯覚まで覚えます。CDから音声をPCに落としても音質は全く変わりません。イヤホンも安いもので構いません。



英語教材「ブレインスピーキング」。

黒塚アキラさん(@kurozuka.akira)がシェアした投稿 –



これももちろんTOEIC学習に活用できます。むしろTOEICのリスニングよりこの英会話の内容の方が会話の流れが速いのではないのでしょうか。会話としてのリアリティがありますから、理解が一気に進みます。


実際のネイティブの英会話はペラペラと喋るのが速いので、その本物のスピードを獲得することができるでしょうね。これらは全話ドラマ仕立てになっているので役者になりきってシチュエーションを理解してシャドーイングしてみようと思います。




苫米地英人氏が開発した英語教材ですから疑いようは無いですし、恐ろしいぐらい宣伝文の通りの現象が起きまくっています。スタートガイドブックの通りに学習していけばあっという間に英語が習得できそうです。


音声を聴いているだけでも、これからの英語脳獲得がものすごく楽しみになっています。今からワクワクしています。実際のネイティブレベルにエスカレーター式で簡単に進んでいけそうな予感です。


もちろん「聴いているだけ」では何も変わらないのでしっかり言葉に出してシャドーイングしていく必要があります。これから「ブレインスピーキング」も活用していきます!






TOEIC獲得に向けて。英語脳獲得に向けて。
ブレインラーニング&ブレインスピーキング紹介ページはこちら。





海外ドラマはたった350の単語でできている
西東社 (2017-04-14)
売り上げランキング: 1,446


mini版 英会話の9割は中学英語で通用する
アスコム (2013-06-21)
売り上げランキング: 205





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。




この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ