【TOEIC9日目】英語教材「ブレインラーニング」内の「Vocabulary Training(単語)」開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0





今日はクタクタです。疲れました。昨日は時間があったのでゆっくりTOEIC対策勉強が出来ましたけど、今日みたいに時間が無いときは勉強内容を調整しなければなりません。


しかしその一方で内容の充実・変化は必要です。今日から英語教材「ブレインラーニング」単語トレーニングを開始しました。これで毎日の勉強が更に楽しくなっていくことでしょう。語彙力アップは長年の課題でしたから。英単語を学ぶならこの方法が一番です。その内容について今日はご紹介いたします。













Vocaburaly Trainingで「話せる単語」を増やしていく!





暗記は苦痛です。暗記をしない英語学習法が欲しくて「ブレインラーニング」を購入しました。その中には語彙力アップのためのトレーニングが入っていたので魅力的でした。ほかの単語学習をやるくらいだったら、「ブレインラーニング」だけやっていれば十分です。今ではそう感じます。


単語の意味を覚えるだけでは英語は話せません。TOEICには有利かも知れませんが、最終的な目的は英語を話せるようになることなので丸暗記の方法は必要ないですよね。日本語を話すのに単語を暗記しないですし。


「単語そのものに意味はない、状況の中で学ぶ」という苫米地氏の言葉は日本人の英語学習法についての核心を突いています。




その単語の意味を真に知るには、文脈や状況を表している状況が必要不可欠であり、「ブレインラーニング」の「Vocaburaly Training」ではマルチメディアな方法で単語を勉強できます。



単語(Vocabulary Training.)

黒塚アキラさん(@kurozuka.akira)がシェアした投稿 –





他のトレーニングでもそうですが、いつも通りネイティブの口元・表情・絵・音声でその単語の使い方を感じ取ることが出来ます。これが「脳で学ぶ」ということなんでしょうかね。長く続けているとその意味がなんとなくわかってきます。


従来の暗記する方法ではいつまでたっても英語が脳に定着しません。このやり方は「英語脳をつくるための方法」です。「ブレインラーニング」は本当に素晴らしい英語教材です。




また、この単語トレーニングのすごいところは発音が良くなることとリスニング能力が劇的に向上するところですね。このトレーニングで覚えた単語の発音が良くなるので、他の単語にも応用できます。


発音が出来るのですから、今度はニュースや映画でその言葉が聞こえるようになってきます。この好循環が快感なんです。「英語が聞こえる!」という快感を味わえるのがこの教材の魅力ですね。


こういう発見がどんどん起こりだすから毎日のTOEIC勉強がとても楽しいです。もっと学習時間を増やした方がいいですね。ますますブログの時間が減りそうですけど・・・(笑)







それではTOEIC10日目に続きます。

優先順位を決めた結果1位はTOEIC対策・英語勉強となりました。決めた以上は必ずやり遂げたいです。作業内容もある程度固まってきたのでそれを習慣化するのみです。休日かどうかに関わらず睡眠をしっかりとって毎日を気持ちよく過ごすことから始めます。



TOEIC獲得に向けて。英語脳獲得に向けて。
ブレインラーニング&ブレインスピーキング紹介ページはこちら。





1日10分!「英語脳」の作り方
(2013-07-22)
売り上げランキング: 958


TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
TEX加藤
朝日新聞出版 (2017-01-06)
売り上げランキング: 63





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。




この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ