【名作】これぞハリウッドマジック!「You’ve Got Mail」で脚本の魔法にかけられる【感動】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0





もう7月になってしまいました。2018年下半期がスタートです。これからも映画はどんどん見ていきます!休日に何本も見てるせいで映画の感想記事ネタがたまりすぎてしまい、鑑賞から1ヶ月も経ってしまいました(笑)




この「You’ve Got Mail」はハリウッドの本来の脚本マジックが光った傑作です。ひと昔前のハリウッド映画はこういう魔法のような映画が多かったのに、今はエログロアクションとドンパチばっかりです。刺激的ですけど、心が揺さぶられるかどうかは別です。


胸が締め付けられ、その世界観に引き込まれ、人間関係に笑ったり泣いたり、ラストシーンで最高に感動する、という本来のハリウッド映画が復活してほしいですね。


銃を使ったりアクションが無くてもこんなに感動が出来る作品って久しぶりに観ました。あるがままの人間関係だけでこんなに心を揺さぶられる映画を見られるのは貴重な体験です。












すれ違いから一転、一気に物語が進みラストに大号泣!これがハリウッドの底力。こういう映画がもっと欲しい。





トム・ハンクスメグ・ライアンという大御所の共演は今の時代にはなかなか出来なさそうです。この映画の内容はまだネットが始まったばかりの時代で、お互い顔も名前も知らない人同士でのメールとのやりとりがメインですから、SNS全盛期の今の人の心に響くか難しいところですね。


今なら当たり前に知らない人とのやりとりはできちゃいますからね。よく考えたら不思議な事やってます(笑)だけどSNS世代と決定的に違うのは、深い悩みを話したりウィットに富んだセンスのある文章での人間関係は無いという事でしょうか。




さらにハリウッドの魔法のような脚本が加わり、人間関係が彩られて多くの観客の心を掴みました。どうやってメール相手の正体がバレるのか?メグ・ライアンがメール相手だと発覚した後のトム・ハンクスの心の葛藤がまた心をキュンとさせられます。まさか相手が商売で対立している真っ最中の女性だったなんて!


ここのリアルな葛藤、見えない行間を観客に読ませるという脚本術のレベルは非常に高いです。説明やナレーションが無くても人の心の動きは脚本のセリフや行動の中に無言で示すことが出来るんです。そのレベルの高さに感動しました。




ラストシーンはもう大号泣です。やっとお互いのメール相手の正体が判明した時のメグ・ライアンの表情が最高です。この瞬間、間違いなくメグ・ライアンに感情移入していました。「やっとメール相手がわかって本当によかったね!」と(笑)ここだけでも演技力の高さが評価されています。




この作品は何度でも見たくなる作品です。人間の心の成長と葛藤を静かに描き出しやがて大きな発展を生み出す脚本術はまさに魔法です。この作品こそもっと多くの人に見てもらいたい名作です!










ユー・ガット・メール (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 97,572


ユー・ガット・メール [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-04-21)
売り上げランキング: 41,678





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。




この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ