【2chコピペ】「ガラクタ捨てれば自分が見える」byカレン・キングストン【掃除で開運】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

カレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える」は現在の掃除開運系スピリチュアルの先駆けとも言えるかも知れません。タイトル通り、モノ・思考のガラクタをため込むとストレスがたまり人生が停滞します。



 
 










そうならないように、日頃からモノをため込まないようにする生活を心掛け習慣づけることが重要です。一度掃除したら終わり!ではなく、毎日少しずつ掃除していけばまとめて大掃除する必要はありません(笑)汚れは毎日少しずつ溜まっているものですから。


日頃の清浄さが開運を生みだし、毎日を元気よく過ごせるようになってくるはずです。


また、2ちゃんねるの掃除板でもカレン・キングストンの著作について絶賛されています。






490 (名前は掃除されました) sage 2014/03/15(土)
09:54:56.44 ID:U+GiRouP
読んだことない人は一度読んでみた方がいいよ
ガラクタは単純に空間を閉める物体とは限らなくて、
未完成のものとか、
修理が必要なまま捨てもせず直しもせず放置してるもの、
要するにやらなきゃと思いつつ
処置を後延ばしにしてるもの全般が含まれる
心のリソースを食ってる重荷を解放すると
ストレスフリーになるよって話と、
なぜか人間はその重荷にしがみつきたがる癖
あるので自覚しようって話が
カレン本の大きなキモだと思う




「まだ使えるから」「汚くないから」などと様々な理由をつけて、私達は様々なモノを抱え続けてしまいます。
そしてガラクタを持ち続けるとストレスや心の負担になり、気が乱れていきます。
その癖をキッパリと辞め、毎日を清浄な空間で快適に過ごしましょう。誰も見ていなくても、自分自身が見ていますから(笑)





環境さえ整えれば私達は運勢を劇的に変化させることが出来ます。そして、掃除・片付けのテクニックは特に必要ありません。ただ「必要ない物は捨てる!」これだけだと感じています。






流れに逆らわない。


開運しよう、成功しようとあれこれ努力しても徒労に終わることが今まで数多くありました。しかしそれもそのはずで、自分にとってのネガティブ・トラウマ・思考癖・・・などの不要なモノを排除していなかったからです。



川の流れに逆らうような行動をしていては、ついにはリバウンドし前よりもひどくなる一方です。もっと良い気を取りこもうと思ったら清浄な空間・清潔な環境が必要になります。


運命(宿命)は永遠不変のものではありません。環境が変われば私達人間はどのようにでも変化することが出来ます。そして次第に運命をもコントロール出来るようになってきます。



成功のための環境を整えれば自然と流れるように、人は変わっていきます。また逆に、失敗するような環境を生みだしていれば自然とそのような人間になってしまいます。






外見・環境を今すぐ変えよう!


私達は、「性格を変えよう!」「内面を変えなきゃ!」といくら思っていても長年の思考癖はなかなか変わりません。
しかし外部の環境なら簡単に変えられます。


一日あればあっという間に部屋は一変させられます。服装・持ち物・家具の配置・書類の処分・・・これらはあっという間に出来ますよね。自分が望む環境を作り整え続けていけば、自然に引きずられていくように内面も変わっていくことでしょう。



あとはその環境を成長・維持する努力です。


一旦片付けたら終わり!ということはありません。一度始めたらもっと成長したくなり、環境を変化させ続けたくなるはずです!そうすれば「いつの間にか元通りに散らかってしまった」ということは無くなるはずです(笑)









斎藤一人 みるみる運を引き寄せる「そうじ力」
PHP研究所 (2015-05-22)
売り上げランキング: 49,390
斎藤一人流 すべてうまくいくそうじ力
ロングセラーズ (2012-09-30)
売り上げランキング: 77,261





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。

この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ