【祝詞】罪・穢れを祓い、祈願達成を可能にする「大祓詞」「最要祓」を唱えよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

簡易神棚を購入してからは、ほぼ毎日祝詞を唱えています。「禊祓詞(みそぎはらへのことば)」を唱えるのと同時に、「大祓詞(おおはらへのことば)」を唱えることが重要です。


どの祝詞も、その文章に込められている意味を知りながら唱えると効果が断然違います。自分の霊性を高めると同時に、日常の罪・穢れを祓うことにもなります。




 
 





「大祓詞」全文
「大祓詞」は毎年6月・12月の晦日に国中の罪穢れを祓う為に古代から唱えられてきました。


中世の戦乱期に一時廃絶しましたがその後民間の信仰を集め、「これを神前で読誦することで一切の罪穢が祓われ、祈請の趣旨を達し得る」と信じられ、千度祓・万度祓が流行しました。



この祝詞には長い歴史があり、古代からの日本人がずっと唱えてきて受け継いできました。その祝詞の意味をきちんと知り、唱え、次の世代へ引き継いであげることが大事だと感じます。






高天原(たかまのはら)に神留(かむづま)り坐(ま)す。
皇親(すめらがむつ)神漏岐(かむろぎ)神漏美(かむろみ)の命(みこと)以(もち)て。
八百萬神等(やほよろづのかみたち)を神(かむ)集へ(に)集へ賜ひ。
神議(かむはか)りに議り賜ひて。
我皇(あがすめ)御孫之命(みまのみこと)は豊葦原(とよあしはら)の水穂(みずほ)之国を安国(やすくに)と平らけく所知食(しろしめ)せと事依(よさ)し奉(まつ)りき。
如此(かく)依し奉り国中(くぬち)に荒振(あらぶる)神等(かみども)をば。
神(かむ)問はしに問はし賜ひ神掃ひに掃ひ賜ひて。
語(こと)問ひし磐根樹根立(いはねきねたち)。
草の垣葉(かきは)をも語止(ことやめ)て天之磐座(あめのいはくら)放ち。
天の八重雲(やえぐも)を伊頭(いづ)の千別(ちわ)きに千別きて。
天降(あまくだ)し依し奉りき。
如此(かく)依し奉りし四方之国中(よものくになか)と。
大倭(おほやまと)日高見(ひたかみ)の国を。安国(やすくに)と定め奉りて。
下津磐根(したついはね)に宮柱(みやばしら)太敷立(ふとしきたて)。 
高天原に千木高(ちぎたか)知りて。
皇御孫命(すめみまのみこと)の美頭(みづ)の御舎(みあらか)仕へ奉りて。
天之御蔭(みかげ)日の御蔭と隠り坐(ま)して。安国と平(たひら)けく。
所知食(しろしめ)さむ国中(くぬち)に。
成出(なりいで)む天の益人(ますひと)等が。
過ち犯しけむ雑雑(くさぐさ)の罪事(つみごと)は。
天津罪(あまつつみ)と。国津罪(くにつつみ)と。
許々(ここ)太久(だく)の罪出(いで)む。
如此出でば天津宮事(みやごと)以ちて。
天津金木(あまつかなぎ)を本(もと)打ち切り末(すえ)打ち断ちて。
千座(ちくら)の置座(おきくら)に置足(おきたら)はして。
天津菅曾(すがそ)を本刈り断ち末刈り切りて。
八針(やはり)に取辟(とりさ)きて。
天津祝詞(あまつのりと)の太祝詞事(ふとのりとごと)を宣(の)れ。
如此宣らば。
天津神(あまつかみ)は。
天之磐門(いわと)を押披(おしひら)きて。
天之八重雲を。伊頭の千別きに千別きて所聞食(きこしめさ)む。 
国津神(くにつかみ)は。
高山之末短山(ひきやま)の末に上り坐して。
高山の伊穂理(いほり)。短山之伊褒理を掻分けて所聞食(きこしめさ)む。 
如此所聞食しては罪と云ふ罪は不在(あらじ)と。
科戸(しなど)之風の天之八重雲(やへぐも)を吹き放つ事の如く。
朝(あした)の御霧(みぎり)。 
夕(ゆふべ)の御霧を。
朝風夕風の吹き掃ふ事の如く。
大津辺(おほつべ)に居(を)る大船を舳(へ)解き放ち艫(とも)解き放ちて。
大海原(おほわだのはら)に押し放つ事の如く。
彼方(をちかた)の繁木(しげき)が本(もと)を。
焼鎌(やきかま)の敏鎌(とかま)以ちて。打ち掃ふ事の如く。
遺る罪は不在(あらじ)と祓ひ給ひ清め給ふ事を。
高山之末短山(ひきやま)之末より。
佐久那太理(さくなだり)に落多岐都(おちたぎつ)。
速川(はやかわ)の瀬に坐す。
瀬織津比賣(せおりつひめ)と云ふ神。
大海原(おほわだのはら)に持ち出でなむ。如此持出往ば。
荒鹽(あらしほ)之鹽(しほ)の八百道(やほぢ)の八鹽道(やしほぢ)の鹽(しほ)の八百會(やほあひ)に坐す。
速開都比賣(はやあきつひめ)と言ふ神。
持(もち)可々呑みてむ。如此可々呑みてば。
気吹戸(いぶきど)に坐す気吹戸主(いぶきどぬし)と云ふ神。
根之国底之国に気吹き放ちてむ。如此気吹き放ちてば。
根之国底之国に坐す。
速佐須良比賣(はやさすらひめ)と云ふ神。
持ち佐須良比(さすらひ)失ひてむ。如此佐須良比失ひてば。
自今日(けふより)始めて罪と云ふ罪は不在(あらじ)と。
祓戸(はらへど)之神等共に所聞食(きこしめ)せと。
畏(かしこみ)み畏みも白(まを)す。









「大祓詞」解説
この「大祓詞」は一見すると何を表しているのかがわかりにくいと思いますが、解説を知るとすんなり頭に入ってきます。真の意味を知った後で祝詞を唱えていけばその有りがたさに気づくことも多くなると思います。






高天原(たかまのはら ※天上の神々の国)にいらっしゃる皇祖神(すめみおやのかみ ※親神様)の御命令によって、八百万(数多く)の神々が一堂に集まり、幾度も議論が重ねられた。


こうした神々による会議・相談の結果、皇御孫命(すめみまのみこと=瓊々岐命 ににぎのみこと)は豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに=日本国)を平和で穏やかな国として統治しなさい、とお任せになった。



しかし、豊葦原瑞穂国には、素直に従う神もいれば、ご威光に従わず荒れ狂い暴れ回り、恭順を示さない神々もいた。そこで、瓊々岐命はそうした神々に『なぜ従わないのか』ということを幾度も問われたあと、それでも反抗して従わなかった神々を徹底して討伐し、追い払われた。



こうして、荒ぶる神々だけでなく、言葉をしゃべっていた岩や樹、一片の草にいたるまで、その言葉をやめて静かになったように
国土が平穏になったので、瓊々岐命はその玉座を発たれ、幾重にも重なってたなびく雲を激しく千切るようにかき分け押し分け、高天原から地上に降臨された。


瓊々岐命はこのように統治を命じられた国において、「倭(大和)の国」を都と定められ、統治の中心地とされた。



そこで、倭の国の中心にあたる場所に、地中深く穴を掘り、そこに宮殿の太く立派な柱をどっしりと差し立てられた。また、屋根の上にはあたかも高天原に届くかのように千木を大空高くそびえ立て、荘厳で立派な宮殿をお造りになり、天照大御神の御加護を受けて、宮殿にお入りになった。



さて、平安に治めるこの国(日本国)の、極めて優秀な国民たちが、過って犯すであろうさまざまな罪穢、天津罪・国津罪など、沢山の罪穢が現れるであろう。


このように多くの罪穢が出るならば、高天原の天照大御神が行われる天津神の神秘な儀式にならい、それと同じやり方で、神事に使う祓物(はらいもの)・撫物(なでもの)として、数多くの堅い木の根本と先端を切り取って適度な大きさ長さに切りそろえて、机の上に置き、また、清らかな麻の根本と先端のところを切りそろえて適度な長さにして、


今度はそれを八つ裂きに切り裂き散らして(祓の神事をおこない)、天津神が授けたきわめて効力の高い、神聖で完全な祓の祝詞を唱えなさい。



このように祓の祝詞を唱えたならば、天津神(天上の神)は高天原の宮殿の磐門(御門)をお開きになり、天にかかる幾重にも重なり合った雲を御威勢で押し分けかき分けて、その詞をお聞きくださるでしょう。国津神(地上の神)は高い山や低い山の頂上にお上がりになって、たちのぼる雲や霧や霞をかき払ってお聞きくださるでしょう。



このように天津神・国津神がお聞き届けくださるならば、罪と名が付くものは一切残らず全て消え失せるだろう。


それはまさに、あたかも強い風が幾重にも重なり合った雲を吹き飛ばす如く、朝夕の風が朝夕に立ちこめる霧を吹き払うように、大きな港につながれている大船の舳先(へさき・船の先端)や艫(とも・船尾)の綱が解き放たれて大海原に押し放たれるように、見渡す限りの繁茂した木々を、焼いて鍛えた鋭い鎌でことごとく薙ぎ払ってしまうように、あらゆる罪を一切残らず消え去るようにと祓い清められた。



こうして祓い清められた全ての罪は、高い山・低い山の頂から勢いよく流れ落ちて渓流となっている急流にいらっしゃる瀬織津比売と呼ばれる女神が大海原に持ち去ってくださるだろう。



このように瀬織津比売によって持ち出された罪を、今度は人が近づけないほどの大海原の沖の多くの潮流が渦巻くあたりにいらっしゃる速開津比売という勇ましい女神が、その罪をガブガブと呑み込んでしまわれることだろう。



このように速開津比売によって呑み込まれた罪は、今度は海底にあって根の国・底の国へ通じる門(気吹戸)を司る気吹戸主といわれる神が根の国・底の国(黄泉の国)に気吹によってフゥーっと息吹いて地底の国に吹き払ってくださるだろう。



このように気吹戸主によって吹き払われた罪は、今度は根の国・底の国にいらっしゃるパワー溢れる速佐須良比売という女神がことごとく受け取ってくださり、どことも知れない場所へ持ち去って封じてくださるだろう。



このように、あらゆる罪穢をすっかり消滅させて浄化してくださるならば、この世界に罪という罪は一切ありません。
このようにいたしますので、私どもが『祓え給え清め給え』と申し上げる(祓の神事をおこなう)ことを、よくよくお聞き届けくださり、どうかお力をお授けくださいますようにと、慎んで申し上げます。
※参考資料 『神道行法の本』株式会社学習研究社








大祓詞の全文を奉唱する暇が無い時に「最要祓」!
「大祓詞」はとても長いので、朝忙しい時は全文を唱えられないときがあります。そういう時はいつも「最要祓(さいようのはらひ)」を唱えています。


中身は「大祓詞」の肝という意味で簡略化されています。でもなるべくは「大祓詞」を読むようにしたいですね。こっちはとても簡単なんですけど(笑)






高天原に神留(かむとどまり)座(まします)す。
皇親(すめむつ)神漏岐(かむろぎ)神漏美(かむろみ)の命を以て。
天津祝詞(あまつのりと)の太祝詞事(ふとのりとのこと)を宣れ。
如此宣らば。罪と云ふ罪。
咎(とが)と云ふ咎は不在物(あらじもの)をと。
祓ひ賜ひ清め賜ふと申(まを)す事の由(よし)を。
諸神等(もろもろのかみたち)左男鹿(さをしか)の八(やつ)の耳を振立て聞食(きこしめせ)と申す。












時間を見て毎日祝詞を唱えましょう!
毎日「大祓詞」を唱えるのは難しいときがあるかも知れません。その時は「最要祓」を読みましょう!逆に、時間がありそうな時はしっかり「大祓詞」を唱え、日常の罪・穢れを祓い清められるように習慣づけたいですね。


「最要祓」が便利なので最近こちらばかりになってしまっているんですけど・・・(笑)それでも毎日出来るだけ、朝晩神棚に向かって祝詞を奏上する時間を確保しています!









簡易神棚 お札立て -
簡易神棚 お札立て –

posted with amazlet at 17.12.12
神棚の里
売り上げランキング: 9,242





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。

この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ