2020年東京オリンピックまであと4年。日本人として、個人として、何が出来るか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

リオ五輪もなんとか無事終了(?)し、次回は2020年に行われる東京五輪の出番となりました。
閉会式で見せた日本のプレゼン映像に衝撃を受け、今でも動画を視聴するたびに涙が出てきます。たった10分程度の映像で、日本人として奮い立たされるものがありました。
ただオリンピックを待ち焦がれるだけの傍観者にはなりたくない!だからといって競技選手としての参加は絶対ありえませんけれども(笑)、日本人として、日本の為に出来ることがあるのでは?と考えるようになりませんか?

 






日本人として出来ることとは、世界をリードする日本人になるためには・・・?
日本を自画自賛する番組やまとめブログが流行っていますが、海外から評価されることを喜ぶのではなく、もっと自分の国に自信と誇りを持たなければならないです。



この国には世界中を満足させるための用意があること、私達日本人はその恩恵を日常レベルで受けていること、そんな私たちが日本のために出来ることをもっと真剣に考えるべき、だということです。




今から東京オリンピックが待ちきれない!
リオ五輪閉会式で、次回開催地の東京のプレゼン映像が放送されました。その動画がNHKからフルで公開されています。
この動画を見て何度も感動してしまいます。たった数分の映像で多くの人を感動させられることが出来るのは、日本ならではのソフトパワーがあるからでしょう。



ドラえもん、キティちゃん、キャプテン翼、そしてマリオが登場しました。マリオに扮した安倍総理が土管から出てきたのも非常に話題になり、世界から高評価を受けました。
そして驚くべきことは、日本にはまだまだ世界で有名なキャラクターがゴロゴロいることです(笑)トトロ、くまモン、ふなっしー、エヴァ、聖闘士星矢、セーラームーンなどなど・・・恐ろしいです。




何度見ても感動します。泣けてきます。毎回泣くんです(笑)選手たちが東京の観光名所をバックにしてスポーツしている場面、キャラクターとのコラボ、日の丸のリレー・・・。評価するところしかありません!
これを見てワクワクしてこない人はいないでしょう。各方面から批判も相次いだ東京五輪ですが、一気に世間の評判がひっくり返ったはずです。




一切の情報漏洩が無かったことも素晴らしい!
これだけ大人数が関われば、絶対にどこかのSNSでうっかり情報が洩れそうなものです。「プレゼン映像で私が踊るから見てねー!」とか(笑)もしそんなことになれば一気に興奮が覚めてしまうでしょう。
きちんと情報管理が徹底されていたことに注目するニュースは、今回見かけなかったように思います。



SNSが盛んになっている時代だからこそこういったことにはしっかり配慮されなければならないのに、そこを評価する論調があまり無いのが不思議です。
でも本番は4年後です。今回以上にきっちりと情報管理を徹底してくれると期待しています。バレちゃうと楽しみがなくなりますしね(笑)




演出・映像・人選・全てが神!
東京五輪開催が決定されたからというもの、開会式にはAKBEXILEが出るとか、まだ決定してもいないのに憶測が飛び交い、開催の不安を煽るニュースばかりが報道されました。
色んな芸能人が東京開催に色めき立つのは別に構いませんが、それを真に受けてアーティスト・歌手・タレント達の批判に走る意見が多くなるのは見たくありません。



この閉会式の映像を見てすっかり目が覚めた人もいらっしゃるのではないでしょうか。「国内ですら通用していない、学芸会以下のショボイ芸能人が出るわけないでしょ!w」と(笑)
大体、そんなニュースが出るのはPV数稼ぎのまとめサイト・ネットニュースサイトくらいです。すっかり踊らされた人も中にはいると思います。
この演出・映像の神っぷりを見てそんな雰囲気が一変に吹き飛んだでしょう。絶対にそんな恐ろしいことにはならないと思います。むしろ、4年後にAKBなんているのかどうかすらわかりません(笑)




日本人としての使命があるはず!
あと4年、これからの人生で何が出来て、現実にどう変化を起こせるか?と考えるようになりました。
人生に1回あるかないかのオリンピック自国開催は間違いなく国内に大きな変革をもたらします。大きな潮流を生み出すのは想像に難くありません。
でもそこで波に乗れずにただの傍観者として何もせずに生き続けるのか、それとも日本人としてこの国を盛り上げる人間になるのか、と思うのです。



反東京五輪報道に流され、学芸会系芸能人が出るのか出ないのかのデマに踊らされそれを叩く、という時間の浪費をあと4年やり続けるのか?と。とてもくだらないことです。



別に競技選手として出て五輪に参加したいわけではないですけど(笑)末端のボランティアですら応募者が多すぎて無理そうです。オリンピック事業に関わりたいわけではありません。この東京五輪までに、自分という人生はどこまで変われるか?という意味です。
2020年という、日本人にとって大きな区切りを迎えるわけですから「何もしないわけにはいかない!」と胸がザワザワするんです。




個人として、これから何が出来るか?
現在の生活の延長がずっと続くのは、単純に「嫌!」だと心の声が聞こえてきます。人生において成功を勝ち取るのは間違いなく「生活の延長」から来るわけですけれども。そういう意味の「生活の延長」は嫌なんです。



年齢を重ねると1年はあっという間に終わってしまうように感じます。小学生の頃には知りもしませんでしたが、1日1日を大事に過ごす大切さが身に染みて理解出来てきます。
「あと4年で自分は何が出来るんだろう?」と日頃自分自身に問いかけています。2020年は明らかに日本という国が変わり、個人としても変わっていて欲しい、と思います。

元日銀審議委員だから言える 東京五輪後の日本経済
小学館 (2017-09-29)
売り上げランキング: 3,479