【サムハラ龍王】『神様につながった電話』 保江邦夫氏の「鉛筆キャップで松果体を刺激」を検証!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

大阪・サムハラ神社の御神環がすっかり有名になっていますが、元となったのはこの本ですよね。そこから御神環の逸話が広まっていき全国から参拝客が訪れるようになりました。


いま一度原点に立ちかえり、『神様につながった電話』 を読みました。著者の保江邦夫氏は神秘体験をたくさんしていて羨ましいです(笑)自分には一度もこういう事件が起きたことが無いですので、いつか神様とのつながりを感じられるような事件が起きてみて欲しいですね。


 











鉛筆キャップを耳にはめれば松果体が活性化されるらしい!?

この本に衝撃的な内容があったのですぐに鉛筆キャップを買い検証を行うことにしました。それは、「鉛筆キャップを耳にはめると松果体が活性化される」
といった文章です。文字通り、耳を疑いますね(笑)そんなことで松果体が活性化されるなら苦労しない!と言いたいところですが・・・。





神様につながった電話: ―我を消すと、神が降りてくる―
風雲舎 (2015-06-15)
売り上げランキング: 20,273





鉛筆キャップを耳にはめることでどのような効果が現れるのか、また著者はどんな体験を得てきたのか、この本の中で以下のように説明されています。松果体を活性化させるには色んな方法や食べ物があって、今すぐ実行に移すのなんて難しいと思っていました。




—————————————–


『神が降りる時、僕はそこに絶対調和を見出して、その目で見るようにしている。この目で見ているのが絶対調和だから、その目は神の目だ。


ところが自我が出てくると、つまり自分があって、その自分がこの宇宙の中、世界の中で動いているという視点になると、目は曇ってしまう。通俗化するのだ。でも、そういう視点ではなく、本来の絶対調和の視点で見る。それが≪神の目≫の視野で見るということだ。そのとき、あらゆるものにつながりを感じて見ることだと思える。』


『その感覚を感じるのにいちばん近いのが、金属製の鉛筆キャップを耳の穴の上部にはめたときの妙な感覚だ。


中学生のころから僕はよくそういうことをして、その妙な感覚に一人悦に入っていたものだ。鉛筆キャップを耳にはめるとその感覚が生まれ、一度教科書を読めば二度と忘れない。ありのまま、おもしろいほど覚えることができた。この感覚のおかげでクラスの落ちこぼれが最難関の進学校に入ることができたと今でも思っている。これは究極の速読術だ。やってみればわかる。』


これは松果体を直に刺激するらしい。松果体を刺激すると視野が変わる。たぶん電気が通ることで松果体を刺激し、脳幹にズバリ来るのだろうというのが僕の推論だ。


これが今のところいちばん神様の視野に近い。目の前の人間とその奥にいる別人が同じ位置に見える・・・そういう感覚が生じる。デカルトは人間の精神と体は松果体でつながると考えていて、松果体を人間の魂があるところと言った。彼の脳モデルでは、魂が松果体から脳の中の様子を見て外界のあれこれを知るとした。』



—————————————–





実際に鉛筆キャップをはめてみると?



最初から最後までこの本を通して読んだので説得力を感じていますが、これだけ読むと「?」という気持ちですよね(笑)数々の神秘体験をしている著者だからこそ、この推論に到達出来たのだろうと予想しています。


しかし松果体活性化が出来る可能性があるのなら是非ともそれにすがりたい(笑)鉛筆キャップだえそんなに簡単に出来るのならやってやろうじゃん!とAmazonですぐに買いました。金属製の鉛筆キャップなら安いですし、効果が無かったとしても財布には全く影響がありません。


実際に耳にはめてみると、結構気持ちよさがあります。左右の耳が対称ではないのか、左耳の穴の上が狭いみたいでちょっと痛いですけど・・・。それを乗り越えられればきっと良いことがあるに違いない(笑)まだ検証は始まったばかりなので、本当に効くのかは謎です。


効果が無くても大した痛手はありませんし、保江氏の推論は当たっているような気もしますから、とりあえず気長にこの松果体が活性化法を極めてみたいと思います。


だけど、こんな姿は人に見せられませんね・・・。耳の上に鉛筆を乗っけるシーンは見たことがあっても耳の上にはめる人は未だかつていませんから(笑)検索するとこのやり方を試している人は結構多いらしいので、今度調べてみたいです。









神様につながった電話: ―我を消すと、神が降りてくる―
風雲舎 (2015-06-15)
売り上げランキング: 20,644
[MKS] 明工舎製作所 指輪ゲージ 日本製 40610
MEIKOSHA(メイコウシャ) (2016-01-27)
売り上げランキング: 47





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。




この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ