名言・格言から学ぶ

世界的文豪・三島由紀夫が語る「日本人の誇り」を今こそ学ぶべき!

三島由紀夫の感性は日本人の心を詳細に語る。

日本の「右傾化」と言われて久しいですが、最近の日本人の思想は別に「右傾化」とは思いません。むしろ今までが「日本人の誇り」や精神性について頑なに拒絶しすぎたんだと思います。一部過激な発言をする右翼団体もいらっしゃいますが・・・。それは置いといて(笑)



三島由紀夫の思想が「右翼」なのか「右傾化」しているのかは人それぞれの判断かも知れませんが、彼が語る言葉には気づかされることも多いのではないでしょうか?


この話題について関連記事も充実しています。

古神道・祝詞など日本がもともと持っていた文化や精神性に特に興味を持っています。日本人としての当たり前の生活習慣を再び取り戻すことによって、今まで味わえなかった感動や喜び、発見があるかも知れません。






 
 






日本人が誇るべき自らの精神性について

複雑な日本人の精神性について的確に表現出来るのは三島由紀夫くらいでしょうか。自国の文化や長所について誇りを感じるのは別に「右翼的」や「右傾化」だとは感じません。それはごく自然な感情で、当たり前だと思います。


先人が遺した文化や伝統に敬意を表すことが右傾化ならば、私達は何に対して心の拠り所を求めるべきなのででしょうか?三島由紀夫は日本人の長所も短所も端的に表現しました。その美しい洞察には「なるほど!」と思わせます。小説家は心にひっかかるような小さな考えも言語化出来るからうらやましいです(笑)


日本人の誇り  三島由紀夫
一歩日本の外に出ると、多かれ少かれ、日本人は愛国者になる。先ごろハンブルクの港に、日本船が日の丸を翻して入って来るのを見て、私は感激のあまり夢中でハンカチを振りまわした。「ああ、オレもいざとなればあそこへ帰れるのだな」という安心感を持つ。私は巣を持たない鳥であるより、巣を持った鳥であるほうがよい。



私は十一世紀に源氏物語のような小説が書かれたことを誇りに思う。中世の能楽を、武士道を誇りに思う。日露戦争を戦った軍人の高潔な心情と、今次大戦の特攻隊を誇りに思う。


すべての日本人の繊細優美な感受性と、勇敢な気性との、たぐいまれな結合を誇りに思う。
この相反する二つのものが、かくも見事に一つの人格に統合された民族は稀である。




われわれの誇りとするところのものの構成要素は、しばしば、われわれのとするところのものの構成要素と同じなのである。きわめて自意識の強い国民である日本人が、恥と誇りとの間をヒステリックに往復するのは、理由のないことではない。



だからまた、私は日本人の感情に溺れやすい熱狂的な気質を誇りに思う。決して自己に満足しない絶えざる焦燥と、その焦燥に負けない楽天性とを誇りに思う。どこかになお、「ノーブル・サベッジ(高貴なる野蛮人)」の面影を残していることを誇りに思う。


絶えず劣等感に責められるほどに敏感なその自意識を誇りに思う。これらを日本人の恥と思う日本人がいても、そんなことは一向に構わないのである。




常に「恥」を感じる国民性はわかる気がします。自分を謙遜し決して現在に満足しない部分も、常に成長しようとする精神があるからこそです。


それぞれの国の様々な国民性があると思いますが、こんな精神性を持っていたって別に恥ずかしくないですよね!複雑だけど楽天的な部分もある、そういう日本人であっても良いと思います。


外国人とは違う「神様」の考え方

キリスト教圏の国と、日本では神に対する考え方が全く違います。キリスト教圏は神様を熱望し、崇拝する傾向があります。しかし日本の場合、その土地に根付いていたり細部に宿っているという考え方が一般的なので盲信する傾向はありません。





自分が生まれるはるか前から「最初からいる」という状態で常に身近に生きていき、共存状態で生活しているので強烈な崇拝の対象とはならない場合が多いですよね。そういった精神性は、海外から見ると独特なようです。こちらから見るとキリスト教徒の考えこそ「?」なんですけどね(笑)


未来の日本人に望んだこと

日本人は海外の文化をどんどん吸収し、独自の「日本化」を遂げます。クリスマス、初詣、ハロウィンなどなど・・・。結婚式でさえ、日本の神前結婚式や西洋風の教会があったり、人生の重大な節目でさえも文化の吸収があるのは不思議ですよね。





日本の文化や伝統に敬意を払いながら西洋文化を吸収したって恥ずかしいことではありません。日本の歴史や文化は諸外国と比べて膨大です。その膨大な遺産を軽蔑する人こそ恥ずべき存在だと感じます。



「日本の〇〇に対して誇っている」と言うだけでも右傾化と批判される理由が全く理解出来ません。長い歴史と無数の文化や伝統があり、それらに敬意を払うことは本当に批判されるべきことなのでしょうか?




先人の遺産を褒め称え、自分は何もせずにただ自慢するだけであったらそれは最も恥ずかしいことでしょうけど(笑)そうならないように、もっと日本人について学びたいですね。三島由紀夫の思想は過激と思われる部分もありますが、日本人の国民性に対する考察は的確です。この複雑で機敏な精神性を指摘されて頷かない日本人はいないかも知れません(笑)でもこの精神性こそが日本の発展の礎であり、これからの日本を形作る原動力だと感じます。






TOEICハイスコア&英検取得&英語脳獲得に向けて勉強中!
現在この教材で英語勉強中です。発音や単語も覚えられ、ネイティブの英語がだんだん聞こえてくるようになってきました。英語がもっと好きになるオススメの教材です!


仮面の告白 (新潮文庫)
仮面の告白 (新潮文庫)

posted with amazlet at 17.12.29
三島 由紀夫
新潮社
売り上げランキング: 7,658
直面(ヒタメン)三島由紀夫若き日の恋 (文春文庫)
文藝春秋 (2017-01-27)
売り上げランキング: 35,105





黒塚 アキラ

投稿者の記事一覧

自分の現実は自分で力強く作るための思考記録としてブログを毎日投稿しています。夢を叶えるための行動・決断を日々重ねていきたいです。最近ようやく現実が好転しつつあります。もっと大きな現実の流れに身を任せ、潜在意識をフル活用するのが幸運の近道だと気づきました。これからも気づいたことを投稿しようと思います。(2019/4/13)

関連記事

  1. 【仕事は楽しいかね?】名言3「人生はめいっぱい飛びはねなきゃ!」…
  2. 【仕事は楽しいかね?】名言11 「君が”試すこと”に喜びを見出し…
  3. 【名言】アメリカ史上最高のトーク番組司会者、オプラ・ウィンフリー…
  4. 【仕事は楽しいかね?】名言4「どうせ、人生なんて思い通りにはなら…
  5. 【仕事は楽しいかね?】名言7「目標に関する君の問題は、世の中は君…
  6. 【名言】物質偏重の世界を正す、人智学・神秘思想家ルドルフ・シュタ…
  7. 【仕事は楽しいかね?】名言2「人々は、したくもない仕事をし、同時…
  8. 【必読!】金運と成功を引き寄せるかも知れない、斎藤一人さんの名言…

ブログ運営者プロフィール



「とりぷるL」へようこそ。


管理人の黒塚アキラです。


Love、Life、Learnの頭文字3つが「とりぷるL」の由来です。この3つを基本軸として日々の発見や気づきを書いています。

  •  ■自分の現実を力強く創造していく! 
  •  ■決断と変化を大切に。 



自分の現実は自分で力強く作るための思考記録として。そして夢を叶えるための行動・決断を日々重ねていきたいです。


ジャンルは見てのとおり様々!


社会不適合者として社会のレールから外れてしまった後は、「続・社会不適合者」として毎日を生きています。

厳選おすすめ記事

【YouTube15曲目】最高のセロトニン 第6チャクラ活性化 サードアイ【DNA修復】852HZ(Solfeggio Frequencies)4 yoga  ヨガ  座禅  瞑想  鬱 ランニング ウォーキング 呼吸法

サードアイを開発したいです!「第三の目を覚醒させる音源」というテーマにピッタリと合致した音源をよ…

サムハラ★マニア様のご発言:2017/9/14のお分けルール変更について

御神環の「お分け」ルールは常に変わりますのでご確認を!御神環のお分けルールが変更となりました…

【第18回】3年以内の健康・人間・経済面のゴールを毎週考える(2018/09/22)

めんどくさいけど、やるしかない(笑)先週からかなり時間が空いてしまいましたが、この習慣だけは欠か…

【第5弾】重曹うがい・歯磨きで虫歯予防は可能か?4年間の全検証記録(2014年)

歯磨き&うがいの効果 10 (2014年4月19日)先日、歯医者に行ってきました。詰め物が取れて…

【TOEIC対策19日目】ついに「ブレインスピーキング」始動。ネイティブの速さ・発音・会話力を学ぶ。

そろそろ「ブレインスピーキング」もやらないと・・・。先日、ブログと英語の日を交互に行ってみるとい…

月別アーカイブ


PAGE TOP