【YouTube16曲目】【六根清浄 大祓のサブリミナル】欲望・迷いを断ち切り、心身を安らかに保つ|祝詞・言霊・ヒーリング・共時性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

本日は祝詞(のりと)をサブリミナルにされた音源を聴きます。その祝詞の意味の通りに、心身が浄化されていくような気がします。去年「六根清浄太祓(ろっこんしょうじょうのふとはらひ)として唱えたことがあるので馴染み深い祝詞です。


この祝詞を唱えることによって、六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)から生ずる不浄を祓い清めることが出来ます。祝詞を知らない方にも、このサブリミナル音楽は聴いてもらいたいですね。


 

 











「【六根清浄 大祓のサブリミナル】欲望・迷いを断ち切り、心身を安らかに保つ|祝詞・言霊・ヒーリング・共時性」感想


六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)から生ずる不浄を清める為の祝詞のサブリミナル音源は祝詞を知らなくても是非オススメしたいのですが、どうせならその祝詞の真の内容を知ってから音源を味わってほしいと思います(笑)









【六根清浄の大祓い】


天照坐皇大神の宣はく
(あまてらしますすめおほかみののたまはく)
人は即ち天下の神物なり
(ひとはすなはちあめがしたのみたまものなり)
須らく静め謐まることを掌るべし
(すべからくしずめしずまることをつかさどるべし)
心は即ち神明の本主たり
(こころはすなわちかみとかみとのもとのあるじたり)
心神を傷ましむる莫かれ
(わがたましひをいたましむるなかれ)
是の故に目に諸諸の不浄を見て
(このゆえにめにもろもろのふじょうをみて)
心に諸諸の不浄を見ず
(このゆえにめにもろもろのふじょうをみず)
耳に諸諸の不浄を聞いて
(みみにもろもろのふじょうをきいて)
心に諸諸の不浄を聞かず
(こころにもろもろのふじょうをきかず)
鼻に諸諸の不浄を嗅いで
(はなにもろもろのふじょうをかいで)
心に諸諸の不浄を嗅かず
(こころにもろもろのふじょうをかかず)
口に諸諸の不浄を言ひて
(くちにもろもろのふじょうをいひて)
心に諸諸の不浄を言はず
(こころにもろもろのふじょうをいはず)
身に諸諸の不浄を触れ
(みにもろもろのふじょうをふれ)
心に諸諸の不浄を触れず
(こころにもろもろのふじょうをふれず)
意に諸諸々不浄を思ひて
(こころにもろもろのふじょうをおもひて)
心に諸諸の不浄を想はず
(こころにもろもろのふじょうをおもはず)
是の時に清く潔よき偈あり
(このときにきよくいさぎよきことあり)
諸諸の法は影と像の如く
(もろもろののりはかげとかたちのごとく)
清く浄よければ仮にも穢がるることなし
(きよくきよよければかりにもけがるることなし)
説を取らば得べからず
(ことをとらばうべからず)
皆因よりして業とは生る
(みなはなよりしてこのみとはなる)
我が身は即ち六根清浄なり
(わがみはすなわちろっこんしょうじょうなり)
六根清浄なるが故に
(ろっこんしょうじょうなるがゆえに)
五臓の神君安寧なり
(ごぞうのしんくんあんねいなり)
五臓の神君安寧なるが故に
(ごぞうのしんくんあんねいなるがゆえに)
天地の神と同根なり
(あめつちのかみとどうこんなり)
天地の神と同根なるが故に
(あめつちのかみとどうこんなるがゆえに)
万物の霊と同根なり
(ばんぶつのれいとどうこんなり)
万物の霊と同根なるが故に
(ばんぶつのれいとどうこんなるがゆえに)
為す所願として成就せずと云ふことなし
(なすところねがいとしてじょうじゅせずといふことなし)
無上の霊宝神道加持
(むじょうのれいほうしんとうかじ)




「六根清浄」の「六根」とは眼根・耳根・鼻根・舌根・身根(触覚)・意根(意識)の六種のことです。この六根が清められることを「六根清浄」と言います。


——————————————————–


六根清浄太祓(ろっこんしょうじょうのふとはらひ)は、肉体の表面的な浄化だけではなく内面や心の浄化も促すとても美しい祝詞です。この祝詞を知っている人は現代の日本人にどれくらいいるでしょうか?この美しい祝詞を知った上でこの音源を聴くと効果が増すと思います。









よくわかる祝詞読本 (角川ソフィア文庫)
KADOKAWA / 角川学芸出版 (2017-08-25)
売り上げランキング: 18,453
神道用語の基礎知識 (角川選書)
KADOKAWA / 角川学芸出版 (2016-03-17)
売り上げランキング: 39,801





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。

この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ