【kindle unlimited】『真の転機』とは何か?夢の本当の叶い方を知る「わたしの転機は今かも知れない」感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「転機」という言葉に目が無いんです。いつか転機が訪れるかもしれない、これは転機かもしれない、転機が来てほしい、転機が無ければ平凡でつまらない・・・など、常に「転機」に飢えています。転機が早く欲しいんです。


今回体調不良があったことをきっかけに「自分の体の声に耳を傾ける」ことを重点的に行うようになりました。その結果、直感が少しずつ働きはじめて自分の興味のあることをどんどんやりたくなってきたんです。


今まで抑えつけられていた分、心のリハビリ代わりになっているのかも知れません。




「わたしの転機は今かもしれない」公式サイト

数秘術家 悠城レニ(Yuuki Leni)さんのブログです。最近の記事は「アメーバオウンドBlogに移転します★」です。




 




「転機」と「本当の夢の叶い方」を考える一冊。
いまなんとなく、「人生の岐路」に立たされているような直感を覚えます。今までの偽物の「転機」感とは違う何かを思っています。


もっと早く自分の本当にやりたい事をやるべきでした。今までもやりたいことをやっていたつもりだったんです。しかし、それは欲や煩悩にまみれて自分の知識の中でしか考えていなかった「独りよがりのサクセスストーリー」を勝手に思い描いていただけでした。




独りよがりのサクセスストーリーでは目標がいつでも達成されるわけありません。今回の病気の件で、ようやく「大きな流れ」に乗るという意味がわかりつつあります。リハビリ程度に好きな分野に没頭していましたが実はそうではなく、好きなことに没頭し、目の前の事を続けると直感が磨かれるようになり夢実現へのアンテナが鍛えられるのでは?と感じるようになりました。






巷で「好きなことをやれば成功する」という言葉は、こういう意味だったのかな?と思います。欲望のままに自堕落にやるのではなく、心の底からやりたいことや魂が本当に喜ぶこと。こういった事を自分が思いつくままに(これが直感)行い、それに没頭し楽しむことで思考・集中力・直感が研ぎ澄まされていくのではないでしょうか?




あまりにも「他人のサクセスストーリー」の情報収集に熱心になるあまり、自分だけのオリジナルの人生を生きることを忘れてしまっていたのでは?サクセスストーリー感覚を得たいあまり、成功者になりたいと悩みすぎるあまり、自分の心に眠る直感に頼ることを躊躇しているのでは?サクセスストーリーに乗っかっているかが不安になってしまい、直感に頼ることを恐れていたのでは?




最近はこう考えるようになったんです。


この本を読み、その悩みが解消されそうなんです。文章を外見的には今まで通りの「好きなことをやれば成功できる」に違いないのですが、その真の意味を把握しつつある今、この文章にどれだけの深い内容が込められているのかを考えさせられます。




自分勝手に欲望だらけの「サクセスストーリー」を作ろうとしないこと、これが「大きな流れに乗る」ことの秘訣なのかな?と感じています。誰にでも直感は体内に眠っている。それならばこの体をもっと大切にしていかなくてはなりません。







あなたの転機は今かもしれない
クリエイターズ・パブリッシング (2014-11-24)
売り上げランキング: 65,462
トランジション ――人生の転機を活かすために フェニックスシリーズ
パンローリング (2014-03-15)
売り上げランキング: 20,855





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。





この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ