【仕事は楽しいかね?】名言5「必要は発明の母かもしれない。だけど、偶然は発明の父なんだ。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

kindle unlimitedで「仕事は楽しいかね? (きこ書房)」を読み始めてから、あっという間に人生史上オススメ電子書籍ランキングの中に入っていきそうな勢いで胸に突き刺さっています!これは人生を間違いなく変える名著でしょう。


こんなにスゴイ本を感想記事1本で終わらせるのはもったいないので、気になった名言ひとつひとつをピックアップし、自分のエピソードを語りながら考えていこうと思います。何十個もあるので、何十件でも記事を投稿して自分の思考や心・感情と向き合っていきます。




本日はこの名言です。




「事業も仕事も、世の中のほかのすべてのことと同じだ。つまり、偶然の連続だってこと。多くの人は、【計画通りの結果になるものはない】という使い古された決まり文句にうなずくのに、相変わらず大勢の人が計画を立てることを崇め奉っている。計画立案者はもっと少なくてよくて、まぐれ当たり専門家こそもっとたくさん必要なのにね。」


「必要は発明の母かもしれない。
だけど、偶然は発明の父なんだ。」


 













この言葉の意味を、自分の人生に重ね合わせてみる。


目標通り、計画通りに行動を進めていったとしても想像通りの結果になることはあまりありません。成功したいと思えば思うほど、目標のレベルが高ければ高いほど、想像通りの結果を得られたことはありませんでした。「人生は計画通りになんていかない」という言葉は誰もが言っているのに、「成功者になるには目標を立てろ!」とよく言われます。




この名言を言われてハッとしました。なぜこんなありふれた状況に矛盾を感じなかったのか?なぜそれが真理だと思い込まされていたのか?まだまだ気づいていない「洗脳と矛盾」があると思います。


そうすると、今度は「成功者になることと目標を立てて行動することは別なのか?」という疑問が浮かび上がります。偶然の力を利用する方法、そのまぐれ当たりを起こす方法を勉強するべきですね。これまでは成功する方法や成功者の生い立ちや性格について執拗調べ上げようとしていましたが、それは全く的外れで、偶然の力について真剣に考えなければならないのであり、それは今すぐに身につけなければならない時期を迎えています。




そもそも、今の自分よりはるかに大きなスケール、何段階も上のレベルの高いステージ、その方法を自分でコントロールしようと思う事自体が間違いだったではないでしょうか。それができるんだったら、さっさと出来ていたはずです(笑)でも、できていない。


人生は「偶然」を起こして自身を成功に導こうとしていたのに、自分はそれをコントロールしようとしていたのです。自分の思い通りのサクセスストーリーなドラマを欲しがっていたからです。それなら成功できなくても仕方がない、できなくて当然というわけですね。









仕事は楽しいかね? (きこ書房)
きこ書房  (2015-01-20)
売り上げランキング: 5
仕事は楽しいかね?2
仕事は楽しいかね?2

posted with amazlet at 18.01.20
きこ書房 (2015-01-20)
売り上げランキング: 256





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。

この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ