御神環の入手方法【その1】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

サムハラ神社の御神環に関する噂・未確定情報は確実性が無いまま拡散されることが多いです。「サムハラ★マニア」様は、読者の皆様に少しでも正しい情報を知り、適切に行動し、本当に必要としている人の元へ御神環が届くことを願っています。


SNS上で広まる噂をひとつひとつ対処することは困難ですが、御神環に興味を持つ人がそれぞれ理解を深めて欲しいと思います。


 

 










御神環の入手方法
入手手段は3つあります

1、お分け当日に直接、神社に[並ぶ]
2、お分け当日に電話をして、[取り置き]をしてもらう
3、お分け当日に電話をして、[郵送]してもらう

この3つになります


私は直接並ぶことと、電話での取り置きを経験しています
電話での取り置きは
サイズをお伝えし、名前を告げるだけで済みます




もし、お昼に入荷したら?
これは、私が疑問に思ったことです。
お分けは朝だけなのだろうか?
もし、お昼頃に入荷したら
お昼以降にお分けはないのだろうか??
直接、社務所に確認をしました
→お昼に入荷しても、夕方に入荷しても
お分けは必ず翌日の朝の9時からです







お一人様、一体?子供が並んだら?
お一人様、一体と社務所に説明書きがあります。口頭でも説明があります
子供が並んだ場合…
子供には御神環はお分けしていません
サイズが変わるからです

なので、大人の購入の数合わせの為に子供が一緒に並んだとしても
お分けをしてもらえません






なぜ、今年になって人気が爆発したのか?

4月上旬にLINEニュースに取り上げられ大きな影響が出ました

私もそのニュースを見て確認しております
さらには5月にラジオで放送されたようです
このラジオは私は確認してませんが
並んだ多くの方のお話しでした
去年も人気の御神環でしたが
今年はさらに存在が全国区となり
たくさんの人に求められるようになりました



24時間、365日?
ネットでは御神環を24時間365日つけるべき、とのことですが
私個人で確認した内容です
私は仕事柄、指環をつけることができません。
そこで直接、社務所にお聞きしました
「私は仕事柄、指環を外さないといけないのですが
そのような場合は御神環をお受けするのはダメですか?」

→いいえ、その場合は外していただいても大丈夫ですよ。
外さないといけない場合もありますからねぇ…
それ以外はなるべく着けてくださいね

お守りですので
例えば、家では外していただいても構いませんよ
外に出るときだけ、必ず忘れずに着けるようにしてくださいね

( ̄▽ ̄;)
なるほど
あくまで御神環は【お守り】なのだと言うことです
24時間364日、お風呂や寝るときも
身につけても構わないが
大切にすると言う意味でも
外出するときに【お守り】として身につける
それでもご利益はある
と言うことでした
ただし、
肌御守りなので
サイズが合わない場合や
ネックレス仕様にするのはダメ
と言うことです
サイズが合わない御神環を
サイズ直しするのもダメとのこと
サイズが合わない大きすぎる御神環は
ご利益がないと言うことです






電話と直接並ぶ…その比較
遠方の方は直接、社務所に並ぶことはできませんが…
私も電話での問い合わせをしていました
しかし!!なにせ繋がらない!( ̄◇ ̄;)
そして、何号が入荷しているかも分からない…( ̄◇ ̄;)
1時間繋がらず、繋がったときにはお分けが終了してしまっている(T_T)
そんな日もありました
社務所に並ぶと
入荷の号数が貼り出されますので
すぐに確認できます

ジャストサイズがなくても
前後の号数を確認することができますから
選択肢が広がります
電話→希望サイズ確認、郵送先の住所確認、住所の詳しい漢字の確認、郵送後の振り込みの説明があります
社務所→希望サイズを伝え、お金を納め完了

電話→2分ほど
社務所→10秒
電話は2回線しかありません
電話での受付をしている間に社務所ではドンドン拝受が進みます
なので電話の回転率が悪いですから
電話が繋がったときにはサイズのお分けが完了しているときもあります










[MKS] 明工舎製作所 指輪ゲージ 日本製 40610
MEIKOSHA(メイコウシャ) (2016-01-27)
売り上げランキング: 4
神様につながった電話: ―我を消すと、神が降りてくる―
風雲舎 (2015-06-15)
売り上げランキング: 17,672





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。

この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ