人生に必ず変化を起こす、最強願望実現法 第9位「セドナメソッド」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

人生を変える願望実現法第9位は「セドナメソッド」です。


第10位の記事はこちら。

夢の文章化作業やタスク管理方法としても十分に活用できる「想念術・リストアップ法」は今すぐに取り組むことが出来ます。「自分の夢を紙に書く」という作業はとても有効です。夢を実現している人は必ずと言っていいほど紙に願望を書いています!




「手放し」系の法則で有名なのが、この「セドナメソッド」です。むしろセドナメソッドから「手放し」系が流行したといっても良いくらいでしょう。人は願望・目標・夢の達成や実現へ向かうとき、ほとんどと言っていいほどネガティブな感情や自分の顕在意識に翻弄される時はあります。その時に有効なのが「セドナメソッド」です。


 

 









変化を起こしたい、自分を変えたいのに変われない・・・このネガティブ感情を解決したい・・・もっと生きやすくしたい・・・などなど、自分の中の葛藤を解決するのに「セドナメソッド」は有効です。


自分自身に向けて質問を続けていき、その悪習慣や感情を手放すための対話を行っていきます。余計な感情・執着・苦しみ・期待を捨て、シンプルに生きて人生を好転させていきましょう!(´∀`*)






セドナメソッドとは?感情の表現、抑圧ではない、新しい処理方法「解放」。セドナメソッドの解説。
日々の暮らしの中で、ネガティブな感情に囚われてしまったりする事があります。そんな時に、少し思考を解放する事で、気持ちがラクになる様です。世界のリーダーたちが実践…
セドナメソッドは私の瞑想の中心になってしまいました。というよりすべてと言っていいかもしれません。セドナメソッドの解放手順はシンプルでいて強力に作用します。日常的に使うことができるお手軽感と深遠な境地を両立している方法です。:セドナメソッド【解放の手順】




「セドナメソッド」の方法


自己の意識の成長の妨げになるような感情が表れたとき、自分自身に向けて質問を行っていきます。自分の中で納得いくまで、心の緊張を解放したと感じるまで質問を続けていきましょう。ひたすら対話です。自分の頭や常識だけで考えるのを辞めて身軽になりましょう!




【解放のための基本的な質問】




「今、何を感じていますか?」
「その感情を認める事はできますか?」→ 「はい」/「いいえ」
「それを手放せますか?」→ 「はい」/「いいえ」
「手放しますか?」→ 「はい」/「いいえ」
「いつ?」→ 「今」


といった具合でひたすら繰り返します。「こんな事で本当に変われるのか・・・?」とふと考えてしまいがちですが、この「セドナメソッド」は多くの世界的リーダー達が既に実践済みです。


セドナメソッドを徹底的に行い、心の荷物を捨て去ってリーダーへと成長していったのでは・・・と考えたら、このような簡単な質問でも取り組んでみようかと思えてきます。



心の解放を目指し、願望達成を抑圧する感情を簡単な質問で手放せるとしたらお得ですね(笑)嫌な感情が沸き起こってくる事自体は誰にでもあり、不思議ではありません。すぐにその荷物を解放できるかどうか、エゴの解放が成功への最短距離だと考えています。


やり方は人それぞれ、質問の内容も自由自在です。



自分にとって不必要な感情を解放し気分を明るくするのが目的です。「この瞬間、自分は何を考えているのか」「この感情は必要なのか」「不要なのになぜずっと考え続けるのだろう」などと、自分なりに工夫してメソッドを続けています。




メソッドだけで即願望達成とはならないとは思いますが、達成の妨げになっている障害を自分の力で取り除く作業は成功への近道になっているのではないかと思います。これからも「セドナメソッド」を徹底的に行い、心を軽く・明るく・朗らかに生きていきたいです!






願望実現法第8位は「ビジュアライゼーションマップ」です!
記事はこちらからどうぞ!

この方法も有効です。マップを作るのがとても楽しいですね。ワクワクしてきます。これがただの妄想にならないように、これから楽しく行動していきたいですね。マップ以上の人生になっていって欲しい!と強く願います。









心のゴミを掃除する方法
主婦の友社 (2014-03-24)
売り上げランキング: 21,630
癒しの大地セドナ Sedona earth healing
e-libros (2013-12-10)
売り上げランキング: 154,141





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。

この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ