【考察】引き寄せを成功させる為に重視するべきこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

シークレットなど、「引き寄せの法則」系の本は何冊も買っても意識が散漫になって逆効果になってしまうと思うんですが、ついつい買ってしまいます・・・懲りないです(笑)



「この本で願望を達成する!」と思って買うのですが、小さい事は引き寄せで叶っても肝心の願望はなかなか達成されず、自分に対してではなく本に対してガッカリしてしまう事がよくありました。
ここが悪い癖です。

 



 
 
 
 

この癖を直さなければ他にどんな「引き寄せの法則」の本を買っても意味がありません。
でも読み進めていくうちにそれに気付く事ができましたので、そういう意味では良い収穫です。
本ではなくて自分自身の考え方が悪いのにやっと気付き、この本を真面目に読み始めました(笑)



もっと早く気付くべき・・・というか、それが当たり前なんですがね(;´д`)「自分はちゃんとやっている!」という思いこみは危険ですね。
楽して願望を叶えたいと昔から思っている部分がありまして、現在に至ります・・・




引き寄せを成功させる為に必要な事
願望を叶える為には本気で思い続けなければ叶いません。
今まで何にも本気で取り組んでこなかったから、今のようなグダグダな生活があるのかと思います。反省です。
それを払拭し、本気で自分の人生を変える為にもこの本を買いました。
また同じ事の繰り返しになってしまいそうですが・・・何も進歩せず一年を過ごしてしまうのはもったいないので、なにがなんでも本気にならないといけないですね。



どんな本を読んでも、最終的には自分で行動を起こしていこうとする意志です。しかも「引き寄せの法則」に完全に則った行動です。
焦ってジタバタした行動ではなく、法則に従った適切な行動でないと引き寄せは効果が現れません。
この本はそれを気づかせてくれました。まだまだ自分は本に甘えていました。



自分が本気で欲しいものをしっかり考えなければ効果は出ないのですから、毎日の丹田呼吸法や瞑想もあわせて行った方が良いと思います。
この本に載っていた引き寄せ体験の人達も、きっと人生に本気に打ち込んでいたのだと思い、改めて考えさせられます。




数々の引き寄せ体験談から学ぶ
体験談を読んでみて共通していた事は、自分らしくあること・他人を蹴落とすような競争は全く考えていないこと、でした。
競争をして相手を打ち負かすことは自分を追い詰める事に等しい、と読んだ時には自分の事のように思いました(;Д;)自分の人生に焦りすぎていたのかと思います。
もっと自分らしく、今この時を楽しまないといけないのですね。



もっともっと自分の人生について本気でしっかり考えなければなりません・・・。
読み進めていくと、「引き寄せの法則」に関して誤解していたこともあり、細かい技術なんていうものはなく、本当にシンプルで簡単な法則であったんだと思いました。



読者が練習できるように作者が親切に語りかけている部分も印象的です。
「ザ・シークレット TO TEEN」の通り、本当にわかりやすいので、こちらを先に買いたかったですね(笑)
特に読んでて面白かったのは、自分の理想の生活の引き寄せエピソードを紹介していた箇所です。すごく励まされますよね。それが嬉しいです♪
これも引き寄せなのかと感じています・・・(笑)
もし自分が将来こうなりたい!と思う職業になるには・・・と一緒に考えながら読ませていただいています。
身近な職業の方から有名人の引き寄せまで、たくさんのエピソードが書かれ、解説(?)がそれぞれあります。
こうやって見ると、みんな同じ当たり前の平凡な人間なんですよね・・・
一般的な読者と差がつくのは、本気で願いを叶えようという意志だけなのかも知れません。個人的な考えでは、シークレットよりもわかりやすい本だと思います。



あっちは「引き寄せの法則」ブームの火付け役ですが、この本と比べたらあんまり親切な内容ではありませんからね・・・(笑)
悩んだ時は原点回帰で読んでみるのも良いかも知れませんけど。



パラパラ見るだけでも結構参考になる事があるので、最近はずっとこっちばかり読んでいます。
どちらを読んでも楽しめる内容ですけど、「引き寄せの法則」についてわかりやすく説明して欲しい・・・と思っていたらコレ?
あとは自分自身の行動と、どれだけその願望に本気で取り組んでいるか次第ですよね。頑張っていきましょう。

ザ・シークレット TO TEEN
ザ・シークレット TO TEEN

posted with amazlet at 17.12.05
ポール・ハリントン
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 209,118
ザ・シークレット 人生を変えた人たち (角川書店単行本)
KADOKAWA / 角川書店 (2017-11-27)
売り上げランキング: 3,700





こちらもオススメです!過去記事をランダムで表示しています。

この記事を評価しませんか?よろしければクリックお願いいたします。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 覚醒・霊的覚醒へにほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ