名作一覧

【おすすめ】2018年6月末~7月前半までに見たハリウッド・アニメ映画作品紹介【感想】

たくさん映画を見まくったので1本の記事にまとめました(笑)ゴースト・ヘアスプレー・ジェイソン・ボーン・最強のふたり・ドリームガールズなど様々なジャンルの洋画を見るのはとても刺激的です。まだまだ見足りないですね!7月後半もガンガン映画見ます!

【名作】ズボラな女性FBI捜査官がミスコンに出場!「デンジャラス・ビューティー」【感想】

単なるアクション映画ではなく、美のコンテストに出場することで「女性としての本当の美」を見つけ転換点を迎える、という深い内容が込められています。ズボラで女子力ゼロのFBI捜査官が一気に美しく変貌するところは名シーンです。

【AmazonPrimeVideo】BLACK LAGOON全話視聴。胸に刺さる台詞の応酬がたまらない!

先に3期(OVA)を見てしまいましたが、アニメ全話を見てからもう1回見ました(笑)追いかける漫画がどんどん増えてきて楽しいです。特に「ブラックラグーン」は見逃せない作品となりました。これからのストーリー展開とキャラの成長が気になります。

【kindle感想】手放しの極意!引き寄せの法則より簡単な「私を変えてください ― ゆだねることの隠されたパワー」

願望達成でありがちな「手放し」の意味と実践方法がようやく理解できました。たったこれだけの事なのにどうして色々考えて混乱させていたんでしょうか。引き寄せの法則より簡単で、瞑想が楽しいです。3年以内の人生のゴールを考えつつ、手放します。

【感想】残酷な現実とアメコミ的ヒーロー達のアクションが魅力!「キック・アス」「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」

アメコミのようなヒーローを自分もやりたい!という憧れから始まった数々の事件が人生を変えることになった「キック・アス」は大ヒットし続編の「ジャスティス・フォーエバー」も名作となりました。彼らの強い生き方は私たちも見習うべきものがあります。

軽快なアクションが魅力的!「ラッシュアワー」1・2をAmazonPrimeVideoで鑑賞。

アクションコメディ映画といえば「ラッシュアワー」が代表です。字幕・吹替どちらも高く評価されている作品は間違いなく名作です。リズム感のあるアクションは芸術作品と言っても過言ではないです。このアクションはジャッキー・チェン氏にしか出来ません。

【感想】歌の力は偉大!動物たちが暮らす世界は人間社会にも通じる「SING(字幕版)」を鑑賞。

2017年公開の「SING」は、意外にも吹替版が好評だそうです。英語学習の為にいつも字幕で見ているのですが、次は吹替で見てみようかな?と思わず胸が高まります。動物たちが名曲を歌うこの作品は、ハリウッド的王道ストーリーで安心して見られます。

【セーラームーンR劇場版】まさかの大号泣!悪を浄化し敵も味方も愛する、まさに正義の味方。

Amazonプライムで「セーラームーンR」を見たんですが、まさかの大号泣でした(笑)子供向けアニメで何でこんなに泣けてしまうんでしょうか。人の心の奥底に抱えている孤独・不安から救うセーラームーンの強さに、年月が経ってから気がついてます。

【スパイコメディ】ローワン・アトキンソン主演「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」感想【爆笑】

映画ばっかり見てて幸せです。他に予定が無いのなら毎日何本でも見たいぐらいです。今回はローワン・アトキンソン主演のコメディ映画です。Mr.ビーン製作スタッフの作品なので安心して見られます。続編に期待しています。

【Jeremy Renner主演】低予算だけど圧倒的なグロ&アクション&武器が見どころの「ヘンゼル&グレーテル」続編希望!

ジェレミー・レナー氏(Jeremy Renner)主演の映画なのですが、残念ながら日本では劇場公開されませんでした。だけど見てほしい。グロ&アクション&武器が大好物の人には特にオススメ出来る作品です。たくさん拡散して続編へと繋げたいです。

【名作コメディ】「MASK」を何年か振りに鑑賞。名作は色あせない。【ジム・キャリー】

1日2回も映画を見られる幸せ。「LEON」に続き、気持ちを切り替えてコメディ作品を見ることにしました。「MASK」は今更語ることはありません。名作はやっぱり色あせないって事だけです。久しぶりに見たので色々ストーリーを誤解してました(笑)

【傑作】「名探偵コナン ゼロの執行人」安室さんが凄すぎて2回見に行きました!【感想】

「名探偵コナン ゼロの執行人」が凄すぎて一気に安室さんのファンになりました。2回見に行きましたがまだまだ足りないですね(笑)もっと見たほうが楽しめそう。この作品の世界観にもっとどっぷりハマりたい。すっかり安室さんの虜です。