Twitter×ブログで現実創造と試行錯誤を発信中!創作活動や最新情報をチェックしてください!

【英語でTwitter】英語圏向けTwitterを開設して漫画・イラストの創作活動を海外に発信中!

英語教材/TOEIC・英検対策
この記事は約7分で読めます。

創作活動を細々と開始しました。まずは筆文字から。

英語を勉強しながら創作活動を海外に発信します!

 

先週から筆文字の作品をTwitterや漫画・イラスト投稿用ブログで公開するようになりました。

だけどどうせならもっと多くの人に見てもらいたい!と考え英語用のTwitterを開設いたしました。

英語の勉強をしながら読み書きのスキルをあげていきたいですね!

Twitterなら短文で済むし、翻訳も見られるので無理なく楽しく続けられそうです。

漫画イラスト・創作系ブログはこちら!是非ブックマーク登録お願いします。

 

意外と評判があるみたいで嬉しいです。

英語用のTwitterはまだ英語話者のフォロワーがいないので、まだまだこれからですね(笑)

創作活動のモチベーションも上がるので、英語勉強とTwitterの相性は抜群です。

もっと筆文字がうまくなるよう練習を重ねていきますので、応援よろしくお願いします!

 

夢を叶える一歩を踏み出す!

 

創作と英語勉強を強制的に両立!

 

「英語で情報発信する」という、ふと思いついたアイディアですがやってみると刺激的で急激に英語脳が構築されていくのを感じます。

英語圏の人々に漫画・イラスト・筆文字を配信するのですから、強制的に英語を勉強するしかないのです(笑)

英語を勉強せざるを得ない環境に身を置くのって重要ですね。

 

 

アカウントはまだ始まったばかりなので、英作文に関する課題が山積みです。

いざ英語で書こうとすると、いったい何を書いていいのかわからないんです(笑)

普通の挨拶や創作報告にしても、簡単な文章のはずなのに英語で思いつくことが出来ませんでした。

英語は得意だったはずなのに・・・自分にびっくりです。

 

 

まさかこんな最初から手が止まってしまうなんて・・・。

学校の英語のテストで問題は解けても、全部英語で書いて話してとなると難しいですね。

簡単な日本語の文章は頭の中で思いついても英語で書けないのは致命的です。

まずはこのレベルから、ってことですね(笑)

 

英語勉強も兼ねてTwitterを公開中!

 

英語を読んだり意味はわかるのですが、実際に話したり書くことに関しては全く出来ないということがわかりました(笑)

これは重大な事件ですね。

本当に勉強しないといけない事態になりました。

学校の英語教育の弊害でしょうか(笑)

実際に話せない、一から英文を作れないとなると創作の情報発信が出来なくなります。

 

 

これから英語をしっかり勉強していくためにも、この英語圏用Twitterを使いこなしていきます。

設定画面も全て英語に設定して、なるべく日本語に頼らない状況で英語のTwitterを運営していく予定です!

ここまで来たらやるしかありません!(笑)

 

 

その英語用のアカウントはこちら。

日本語のいつものアカウントと連携してツイートしたりしています。

今後は筆文字・イラスト・漫画に関する創作報告なども配信します。

可能な限り英語のみでツイートします。

是非フォローをお願いします。

黒塚アキラのTwitterを是非ご覧ください!

 

英語も勉強しながら楽しく創作活動・・・こういう状況でもないと英語を勉強する気がつくられませんから、ある程度の追い込みって大事ですね(笑)

そのおかげで楽しく両立できます。

今までこんな環境を待ち望んでいました!

だけど今回のような創作環境をもっと早く思いつくことが出来れば今頃どんなに楽しい思いが出来たのかなと思ってしまいます。

漫画・イラスト・筆文字の海外輸出活動も頑張ります。

 

さて、「英語を学ばざるを得ない」環境に身を置くことが出来た以上はこの英語ブログもどんどん稼働させなければなりません。

残念なことに英語勉強がまた止まってしまっていますから・・・。

なかなか続かないのは性格のせいでしょうか?自分の中で優先順位がまた下がってしまっています。

 

今はこの仕事とブログと、始まったばかりの創作活動が毎日優先すべき課題なのですが、近いうちに必ずそこに英語も加えたいです。

英語はもう必須課題になっていますから。

創作のレベルも高めたいし、英語も高めたいしで更に忙しい毎日になりそうです(笑)

これからの創作活動がさらに楽しみになってきました!

 

 

目標:もっと創作活動を英語圏に発信していきます!

 

英語を習得して人生の視野を拡大させる!国際人として生きるために。

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!

 





 

タイトルとURLをコピーしました