Twitter×ブログで現実創造と試行錯誤を発信中!創作活動や最新情報をチェックしてください!

大号泣&職場全員大激怒!勤務時間を不当に削る上司と対決したら契約短縮【リゾバin阿寒湖編】

旅をしながらリゾートバイト
この記事は約17分で読めます。

賄いはトップレベルで美味しかったけど、波乱万丈で契約短縮。

今回は阿寒湖編を語る!

 

 

こんにちは、黒塚アキラ(@free_happy_life)です。

リゾートバイトは二度とやりたくない!と心に誓いましたが、リゾバ体験談系ブログを見ると「羨ましいなぁ~」と思ったりもします。

 

最近疑問に思います。

みんなどうしてクビにならないんだろう?

どうやって理不尽な派遣先と仲良くやってるんだろう?

って心の底から思っています(笑)

どうやって仲良くやれているか不思議です。

 

 

本当はアチコチでこういう話があって、世の中に知られていないだけなのでしょうか。

リゾバの派遣社員はちょっとしたことですぐクビ、人手が足りないくせにちょっと仕事できなかったら即クビってザラにありました。

 

 

リゾートバイトは適性が無いと続けるのはしんどいですね(笑)

リゾートバイトは貯金が貯まる!という宣伝文句は有名ですが、周りに何もないと不便さのあまり余計使い、逆に生活費がかかる場合があります。

 

 

その前に給料が安くて生活費貯金できるどころじゃない時も。

派遣先が大ハズレでこんな事件があるとイザコザで職場にいづらくなって契約を切られたりします。

そして今回は阿寒湖編です。

リゾートバイトの派遣順はランダムに変えて投稿してシリーズ化しています。

 

 

二度とリゾバはやらない!新しい働き方改革だ!

 

派遣期間はわずかでした。

阿寒湖に派遣されていた期間はそんなに長くありませんでしたが、相変わらず濃厚で(悪い意味)大変な毎日でした。

仕事内容はそんなに大変じゃないのに・・・やはり辛かったですね。

友達ができたわけでもなく(笑)

お風呂は寒くてあまりゆっくり出来ませんでした。

たまにぶらぶら散策するくらいで、あとはコンビニと派遣先と寮の往復の毎日。

辛くて孤独だった部分を散財で紛らわしていたのだと思います。

 

 

阿寒湖の前の派遣先がかなり激務で24連勤をしたことがありました。

しかもまかないを作る食堂担当の人が料理が得意ではなく(キッチンドランカー)、同じ派遣仲間が栄養失調でバタバタと倒れ・・・。

それが原因で心身に不調をきたし、その後の阿寒湖でだんだん蕁麻疹が現れるようになりました。

そんな経験をした阿寒湖でした。

 

蕁麻疹で長期療養した記録はこちら。

 

 

長年やってきたリゾートバイトの疲労と阿寒湖での日々の辛さが重なり、かなり精神的に限界が来ていました。

(阿寒湖のあとはしばらく実家で休養をとりました。)

だけど派遣されてきた以上は周囲を楽しみたい!

色々写真を撮っていましたのでご紹介します。

 

【散策】阿寒湖神社・稲荷神社。

稲荷神社ってどこにでもありますね。

派遣されたらまず最初に地元の神社に参拝していました。

この阿寒湖の時ももちろん参拝。近くに稲荷神社があること嬉しく思いました。

パワースポットかどうかに関わらず、来たからにはしっかりご挨拶です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出⑤阿寒の稲荷神社。

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出①

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

 

【観光】阿寒湖のまりもラーメンがおいしい!

阿寒湖温泉のメインストリートにある「あずさ」まりもラーメンを食べました。

 

味は普通の塩ですが、王道だからこそ安心して食べられます。

変化球の塩じゃなくて逆に安心。話題にもなりますね。

まりもは湖の底にいる本物ではありません(笑)海藻で出来ているまりもです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出③まりものラーメン。

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

 

自分用の誕生日プレゼントにKindle Fireタブレットを購入。

過去の写真を見て思い出しました・・・!

そういえば誕生日プレゼントに買いましたね(笑)

阿寒湖で孤独な日々を過ごしながら買ったタブレット。

初めて購入したタブレットですからこんなもんかと。

androidじゃないのでサクサク動きません(笑)

だけど音楽をかけて部屋の雰囲気を明るくすることに成功しました。

 

 

キャリアケータイから格安スマホに機種変更したのも阿寒湖だったので、ここでコツコツ稼ぎながら生活スタイルが少しずつ変わっていきました。

進撃の巨人のクリアファイルはコンビニの店員さんに話しかけてちゃっかり貰いました。

 

 

人と会話したり楽しく関わることに飢えていたので、このファイルはちょっとした思い出です。

それぐらい精神的にきていましたね(笑)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出④自分への誕生日プレゼント。

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

 

阿寒湖の派遣期間はそんなに長くなかったのですが、それなりに色々ありました(笑)

むしろ、何事もなく終わって契約期間を終了した方が少ないです。

派遣というのはそういう場所に行くわけです。

地元で働いてくれる人がいないので派遣を雇って引っ張ってくるのですから、派遣先はそれなりの爆弾があったりします。

だけどその爆弾がどういうものかは働いてみないとわからない(笑)

 

阿寒湖散策でリフレッシュ。大自然に癒されます。

やはり阿寒湖周辺散策は外せません。

阿寒湖に仕事で来たら阿寒湖を見に行くのは当然です。

近所に足湯のお店があり長居したのも懐かしい。

メインストリートにはお土産店がズラッと並んでいるし、美味しいモノがいっぱいです。

仕事で毎回ストレスがたまるので、いっつも甘いものばかり食べていました(笑)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出⑨阿寒の景色を見下ろしてみる。

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出②

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

 

道東なので寒いですけど活気があり、コンビニもあるので不便さは特に感じませんでした。

寮から徒歩圏内にコンビニがちゃんとあるって大事です。

それだけで生活に安心感が出てきます。

阿寒湖は派遣生活に意外と不便しない、という利点に驚かされた日々でした。

寮にWi-Fiがあって便利です。

大規模に停電が2回あったこと以外はほぼ便利(笑)

 

派遣生活の中でもトップレベルのまかない!

特にオススメなのはまかないのごはんです。

ここで働いた時、昼休憩が無かったので仕事終わりにいつも豪華に食べていました。

今と違って食べ合わせや量に気を遣わない食べ方をしていましたから、ゴチャゴチャに盛っています(笑)

 

 

これ以上のまかないメシが食べられる派遣先は中々ありません。

まかないの従業員食堂も当たりハズレが多いです。

まかないについてしっかり調べておくのは重要です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出⑦豪華なまかない!

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

 

阿寒湖を離れ道東観光!道東スイーツは最強!

阿寒湖生活は短期でしたが、いつかバイクツーリングとかでまたリベンジで来たいです。

仕事抜きの観光で。

派遣されたホテルには絶対泊まりたくないけど(笑)

何だかんだで阿寒湖にもお世話になり、結構地元の人からもよくしてもらえました。

向こうの人は派遣社員なんていちいち覚えていないでしょうけど、忘れられない思い出がたくさん出来ました。

 

 

その後はバスで札幌へ。

その途中で柳月に寄りました。

やっぱり道東はスイーツ激戦区ですからめちゃくちゃ美味い!

ここに来れただけでも阿寒湖に派遣されて良かったと思えます(笑)

もうこの時点で阿寒湖の辛い記憶が吹っ飛びました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出⑭柳月を正面から撮影。

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出⑬柳月のライスバーガー。

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿寒湖の思い出⑫柳月の十勝スイートピアガーデン!

黒塚アキラ@とりぷるL(@lll3_blog)がシェアした投稿 –

懐かしいです。

写真を見てみるとその時の前後の色んな記憶が一緒に思い出されますね。

それだけ柳月は最高でした(笑)

 

 

仕事じゃなくて観光で来れたらもっと良いのになぁ・・・。

リゾートバイトだからこそ来れる場所なんですが、でもやっぱり最終的には仕事抜きで来たい!と思えます(笑)

 

 

【大事件】絶対ありえない!大激怒!職場全員ブーイング!

 

当時働いていた某職場、お昼の30分休憩が無いんです。

もちろん、トイレや水分補給は各自でできますが昼休憩はありません。

朝から夕方までぶっつづけの派遣先でした。

ということは、その30分も給与として加算するのが普通で当たり前の常識であるはず。

 

 

まず最初の一ヶ月働き、毎日の勤務時間を記入したタイムシートを上司に渡しました。そ

の後上司が仕事中にこちらに寄ってきてこの「30分休憩を削る」と言い出したのです。

信じられません。

 

 

上司の言い分では、

「最初に、ここに来たとき昼休憩は無いけどいいの?ウチは○時間って決まってるけどいいの?、ってアナタに聞いたらハイって言ったじゃない」

と言われたんです。

 

 

派遣先に到着した直後にこの質問は確かにありました。

でもその時点ではまだ仕事は始まってないし、「いいえ」とはいえないですよね?(笑)

上司が「勤務時間は○時間」といっても実態は違うことだってあり得るし、全員が昼休憩をとっていないんだから仕事は続行しているので自分だけ休むわけにはいきません。

仕事が停滞します。

 

 

当然、そのように言い返しました。

そしたら「それはあなたの勝手。ウチは各自で休憩とってもらっているから」と。

つまり、食事休憩の昼はないけど休んだら30分マイナスという理屈だそうです。

それを仕事中にいきなり言い出して腹が立ち、思わず涙があふれました。

そしたら「涙もろいの?」と・・・ふざけんな!(笑)

 

 

悔しくて悔しくて涙が出たんです。

今まで働いていた30分×勤務日数が全部削られると思うと頭が真っ白になったんです。

本当に悔しかったです。

 

【結果】もう一度上司が来て・・・!?余計腹が立った!

「こんなんじゃ赤字になっちゃうよ!」とまで言われましたがそれは全く関係のない話です。

それでも引き下がらずに言い返しました。

いったんその場は終わりましたがまだ1時間ぐらいに来て、「やっぱりさっきの話はナシ。ちゃんとタイムシート通りに計算するから契約はこれで満了ね。」と言われました。

 

 

え!?お金の面はこれで済んだけどこのモヤモヤはどうなるの?

と疑問を持ちますよね(笑)

さっきまでの言い争いはきれいさっぱり無かったことにして、しかも期間延長は出来ずに契約満了?

これって事実上のクビです。

 

 

なんなんだ一体!すぐに派遣に報告しました。意味がわからない。意味不明。

本当に怒りしか湧きません。

せっかく皆から良くしてもらっていたのにどういうこと?腹が立ちました。

仕事中ですから周りに人がいるので、その現場を見てしまったものですからその職場中に一気に広まりました(笑)

 

 

大きい派遣先ですからきっと部署を超えて広まったでしょう。

数日経たないうちに、同僚の友達の医者(職場とは全く関係ない、会ったことない赤の他人(笑))にまで伝わったようです。

噂ってこわい(笑)

人前でやるからこうなるんですよ。

 

 

こんな事絶対ありえませんから、一瞬で現場に伝わりみんな大ブーイング。

言うんだったら人のいない所で言えばよかったものを、上司も配慮しないまま怒りに任せてこちらに来たんでしょう。

仕事中の現場に来ていきなりこんな話を言い出しました。

 

 

結局契約延長は出来ませんでした。悔いは無い。

 

 

派遣と相談して何とかこの件は静まりましたが、やっぱり延長は出来ませんでした。

このことがわだかまりとして残ってしまい延長しづらくなったようです。

せっかく周りと仲良くやれていたのに、仕事もたくさん教えてもらえるようになってきたのに、評判も悪くなかったのに・・・・。

残念です。

 

 

でもこのままココで仕事を続けていたとしても、やりづらさが残りました。

だから逆に良かったのかな?と感じます。仕方ないです。

ただの派遣社員には何ともできない問題です。

プライベートでの趣味や勉強が充実していたし、良い買い物したから悪くなかったかな?

寮の管理者は彼の人格を知っていたから、もっと早く愚痴っておけばよかった(笑)

 

 

こういう職場からの求人募集もあるから派遣会社も油断できません。

派遣社員自身も、派遣先がどのような場所かわからないから博打状態。

派遣会社からの説明だけじゃわからないことだってたくさんあります。

それが今回のような事件です。

 

 

祖母が亡くなっても葬式に行けなかったですし、元々「そういう職場」だったんだろうなぁ・・・

最初の内に薄々気づいていましたが(笑)

リゾバの派遣先はどこにいっても人権侵害レベルの出来事が起こるので、やっぱり観光だけでくるのが一番です(笑)

 

 

阿寒湖の感想:仕事抜きで観光だけで来て楽しみたいです(笑)

 

 

自己責任社会にはもううんざり。会社に雇われない、個人で稼ぐ生き方を見つける!

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!





 

タイトルとURLをコピーしました