Twitter×ブログで現実創造と試行錯誤を発信中!創作活動や最新情報をチェックしてください!
姉妹サイト「Magic is My World.」 創作ブログ「週間創作活動誌 とりぷるL+」

【質疑応答】リゾバ卒業したので答えます!派遣先のヤバイ人間、求人、食事、クビ、いじめ、恋愛、寮など・・・

旅をしながらリゾートバイト
この記事は約20分で読めます。
  1. 蕁麻疹&軽いうつ状態となりリゾバを辞めました。
    1. リゾートバイトは卒業。もうやりたくない(笑)
    2. リゾバ卒業しました!最悪な職場だけど、ここでしか経験できないこともあった。(仕事以外)
    3. リゾバとうるさいオバサンはセットです(笑)
    4. 変なおばさんランキングを発表します(笑)
      1. 5位 北海道某所:ちょっと距離を置きたい食堂のおばちゃん
      2. 4位 北海道某所:上司に密告する嫌われ者女スパイ
      3. 3位 関東某所:自己中細かすぎBBA&同年代だけど八つ当たり
      4. 2位 関東某所:又吉イエス似&性悪マイルドヤンキー?
      5. 1位 北海道某所:最凶TTコンビ(勝手に名付けた)
    5. リゾバについて質問にお答えします!
      1. Q1.荷物はどれくらい?段ボールで寮に送ってもOK?
      2. Q2.寮に持ち込めるものは?
      3. Q3.求人情報と現場の待遇が違う!
      4. Q4.クビになったりする?
      5. Q5.恋愛関係に発展する出会いはある?
      6. Q6.職場でいじめられる?
      7. Q7.人間関係を円滑にする方法は?
      8. Q8.一緒の派遣社員はどんな人がいるの?
      9. Q9.本当に貯金可能?生活費は安く抑えられる?
      10. Q10.今の派遣先が辛い。辞められる?
      11. Q11.契約短縮は可能?
      12. Q12.契約を満了できるか心配。
      13. Q13.担当者に「アタリ」と「ハズレ」がいるって本当?
      14. Q14.派遣スタッフの「奇行」が多い?
    6. 【まとめ】結局リゾバはやるべき?

蕁麻疹&軽いうつ状態となりリゾバを辞めました。

リゾートバイトは卒業。もうやりたくない(笑)

 

過去記事を見ればわかるのですが、どこに行ってもトラブルしかありませんでした(笑)

生活費がかからない!という宣伝文句でリゾバの知名度が高められていますが、趣味や外食に使わないと気が狂いそうな職場ばかりなので生活費はめっちゃかかりますよ(笑)

 

このリゾバ期間約4年の間にここまで最悪な経験をすることは、恵まれた定職ではなかなか難しいことでしょう(笑)

いや、こんなことがあり得る企業があってたまるか!って感じですね。

しかしまかり通るんですよね。

 

そんな劣悪な職場だからこそ派遣会社が求人を探しやすいのでしょうか・・・。

普通の職場じゃないから、派遣に頼らざるを得ないのでしょうね。

あー、もうたくさんです。リゾバ卒業宣言をもっと早くに記事にして出しておくべきでした。

思い出しててイライラしてきます。

 

 

二度とリゾバはやらない!新しい働き方改革だ!

 

リゾバ卒業しました!最悪な職場だけど、ここでしか経験できないこともあった。(仕事以外)

 

食事は最悪、人間関係も最悪、給料は安い、ストレスで心身を病む、仕事上では全くいいことありません(笑)

そんなに働きやすいところってあったでしょうか・・・

どこに行っても嫌なオバサン、上司に密告スパイ、八つ当たりおじさん、カルト勧誘おじさん・・・変な人ばっかりでしたよ。

よくここまで頑張りましたよね。

 

だけどもうリゾバは卒業しなければなりません。

派遣担当の口頭の説明、PDFで寮の写真を見せてもらうくらいの情報でいきなり知らない場所に行くのはリスクが高いです。

何度も来ているリピーターならまだわかりますけど、そこまでの場所に出会うのは一苦労です。

 

やっぱり、なんだかんだ言って独り暮らしか実家暮らしで地元で働くのが楽なんですよね。

食事と部屋の快適さは圧倒的ですし(笑)落ち着いて帰る場所があるからこそ頑張れるんですよね。栄養的にも。

 

 

思い出と言えば、派遣先の観光名所・パワースポットやカフェに行くのは楽しかったですね。

給料で買った自己投資のモノも多いですし、買い物がストレス解消なところもありましたのでそれに関してはリゾバも悪くなかったのかな?と思います。

 

定職だったら旅行・観光がやりにくくなりますから、リゾバでなければ全国あちこちに行くことが出来ませんでした。そこは感謝しなければなりません。

だけどもう・・・もう一度やりたいかと言われれば二度とリゾバ系の派遣会社ではやりたくないですね(笑)

 

 

もうちょっとちゃんとした会社で派遣が出来たら楽しいんだろうなと思いますけど、派遣先も内容もリゾバとほぼ変わらないですからね~・・・確かなことは、観光地は観光で行くべきってことですね。

観光地だからってホテルの内側が必ずしもしっかりしているわけではありません。

もっと過酷で、ずさんで、不衛生です(笑)

 

バイクも買った事だし観光地はバイクで行って、英語を勉強しているので英語を使った仕事をするのが理にかなっているのかと感じます(笑)

とにかく、心身を穏やかにする働き方をしていきたいと常に考えています。

 

リゾバとうるさいオバサンはセットです(笑)

全国各地のリゾート地・テーマパーク・レストラン・観光名所・ゴルフ場・ホテル等で働けるのがリゾートバイトの魅力です。

定住せず、全国あちこちを旅できるのが魅力的ですね。時給も高いので貯金もしやすいです。

リゾバのメリット・デメリットはその勤務先や待遇・人間関係によって様々ですが、どこにいっても何の仕事をしていても、ご当地の「うるさいオバチャン」はつきものです(笑)

 

よく今までそんな人生送れたなぁ、とびっくりするぐらいです。

おばちゃんだから失うものがないので図太く、平気で人を傷つけられるんだと思います。

おばちゃん考察をしているとこっちがだんだんウンザリしてしまうのでこの辺で辞めときます(笑)

今回はそんなオバチャンをランキング形式でご紹介し、リゾバの内部事情を面白く公開しようと思います。

 

 

変なおばさんランキングを発表します(笑)

5位 北海道某所:ちょっと距離を置きたい食堂のおばちゃん

あの時は初めてのリゾバで久しぶりの社会復帰というのもあって、人間関係や人との距離感がよくわかっていませんでした。

その土地は結構お気に入りの場所だったのでなるべく皆と仲良くやっていきたい!と思っていたんですよね。

でもそういった理想像が一気に崩れていきました。ここで学んだのは、「無理に皆と仲良くする必要は全くない!」って事でしたね(笑)

 

他の人には優しいのに自分にだけはひどい対応をされるようになってきたので、終盤はもうなるべく関わりたくありませんでした。

一時期食堂にも顔を出したくなかったです。

田舎だし他にその仕事をやる人がいないものだから我が物顔で威張り散らすようになっているんでしょう。

当時の派遣担当者からは「皆も気を遣っている」と後で言われました。いや、今更言わないで欲しい!と思いました(笑)

 

今にして思えば、もっと社会人経験を積んで人間関係の見極め方を学び、「この人はヤバそう」な嗅覚を鍛えておかなければならない!と勉強する機会だったと感じます。

もしまたその土地に行くことがあれば、あの時よりはもう少しうまくやっていけるはずです(笑)

 

4位 北海道某所:上司に密告する嫌われ者女スパイ

こんな人本当にいるんだ!と衝撃を受けました。

契約が終わる1~2日前に聞いたのでそれまでは知りませんでした。人間関係に鈍感なんでしょうか?(笑)

でも周囲から総スカンな人だったのは肌で感じ取っていました。「あーそういうことか・・・」と納得でした(笑)

嫌われているのは見た目からくる印象?雰囲気?(失礼ですが)だったと思ったので・・・。

 

こういう人がいると下手な事しゃべれませんね。

仕事が出来ない代わりに上司に同僚の勤務態度や発言を密告して、今の地位を繋いでいたようです。

道理で、その上司と同じ持ち場にいる回数が多いと思った・・・!そーいうーことかぁー!!!怖いっ!!!(笑)

あまり話すことは少なかったので、難を逃れたかな?と思ってます。

でもここの勤務先は結構長くいたので、うっかりポロッと言ってたかも知れません・・・怖い!

 

3位 関東某所:自己中細かすぎBBA&同年代だけど八つ当たり

2位と3位が本当に迷いました(笑)

どっちも嫌だしどっちがマシかなんて決められません!(*_*;ここからは更に過激なオバチャン揃いで読者ももれなく震え上がることでしょう!

ここも本当に強烈でしたね。

第一印象や最初の発言からして「あ、ここの勤務地ハズレだ」と確信しました(笑)

 

次の日から勤務開始なのに、もうココの印象は決定的になりました。でももう2度と関わることはないでしょうね。

観光で行ってもココには絶対挨拶しないです。1つ質問するだけで嫌味が10個くらい返ってくるようなタイプでした。

そうなってくるとどんどん聞きづらくなり、ミスも出やすくなり、すぐに怒られます(笑)

 

この悪循環が最悪でした。

もっと大変で可愛そうだったのは、自分ではなく同僚の同じリゾバ仲間でしょうね。

「自分に懐いてくる可愛い後輩」だと思ってるんだから・・・うわぁ・・・って感じです。

その人から聞いた凶悪エピソードなんですが、近所に車で行くのにノリノリで「送っていくよ~」と言う割にはガソリン代を出させようとするし、出さなかったら拗ねる!

 

質問しづらいから他のリゾバ仲間に聞きに行くと、「私が社員なのにそっちに聞きにいくのね~」と拗ねる!その仲間をシカトする!自分に自信があるのか寮内をキャミソール姿で歩いてる!などなど・・・キモイ(笑)

この職場の「しきたり」を説明されることがよくありましたが、言ってるのはその人だけで他の人は誰も言ってません。

そんな人だったんですよね~・・・。もう嫌です(笑)観光地だっただけに嫌な思い出ばかりでしたね。

 

2位 関東某所:又吉イエス似&性悪マイルドヤンキー?

どうしても苦しくて辛くて契約短縮して辞めました。

人間関係に相性はつきものです。しかし契約短縮してしまうほどの職場だったというのはわかっていただきたいです。

その後2人が派遣されてきたのですが、1人は次の日にトンズラし、もう1人は1週間でトンズラしました。

その後は指導方法を変えているらしいですが・・・もう関係ないことです(笑)ここは全体的に口が悪い人ばかり!口が臭い人ばかりでした(笑)

あることないこと噂を立てる人もいたり、仕事が遅いと文句を言ったり(だからといって手伝うことはない)、毎月立て続けに人が辞めてるのに誰も改善しようとしない・・・

 

この二人が特にやばかったかなと思います。

そしてお客さんからのクレームが多い職場だった(ほぼ毎日)ので、仕事の出来は相当悪いんでしょうね。

仕事出来ないのに形だけ素早く終わらせるから、こっちは全然追い付けなくて自信を失っていました。

 

何度も相談したのちに、ようやく契約短縮で離脱、ということになって本当に良かったです。

でもここで素晴らしい友人との出会いもありましたし、プラマイゼロってことで(笑)・・・無理か・・・(*_*)

1位 北海道某所:最凶TTコンビ(勝手に名付けた)

本当にここはピカイチでした!

後にも先にもこんなオバチャンコンビは珍しいですし、実際にここまで酷いのも漫画みたいです。むしろ漫画に出てくるオバチャンの方がまだ良いと思います。

漫画のオバチャンには「こんな悲しい理由があって厳しく接している・・・」というエピソードがありそうだから(笑)

当時の派遣会社の担当者もビックリです。

「鬼ババァだな」と言われたぐらいです。派遣先と中立な立場で話し合い聞き取り調査しても完全にコチラ側の言い分が通ったくらいですから。

ここは1ヶ月で部署異動しました。

2週間くらいで限界が来ていて、毎日派遣会社に泣きながら相談し、泣きながら出勤し泣きながら帰宅しました。

何も手につかずに過ごしていたのを覚えています。

本当に、あのときは「これもう、うつ病になるな」と本気で心の底から思ったものです(笑)

 

このコンビはお互いに凶悪エピソードが多すぎるんですよね。

仕事中に大声で他の人と喧嘩するし、喧嘩したら3日は口をきかないし、口の悪さは2位より酷い(笑)

そして仕事が全く出来ない!他の部署の男性に色目を使う!過去には偉い人と付き合い正社員にしてもらおうとしてた!など呆れるエピソードばかりが聞こえてきて、この人たちの人間性にはもう何も感想を言いたくありませんでした。

 

今までの仕事の中で一番簡単で楽な仕事なのに、段取りがどーとかと言って、一挙一動全てに口うるさく指導し、色んな事に怒り・・・仕事よりご指導の方に体力を使っているようでした。

所々ボカして書いているつもりですが、今回の内容はほぼ真実です(笑)

だけどリゾートバイトは過酷なことばかりではありません。

出会いが多いので日本全国に友達が出来ますし、その土地の観光も出来ます。

同じ場所で就職し続けていては見られない景色があるのがリゾバの魅力です。

人間関係だけはその勤務先に行かないとわからないので、それが問題なんですけどね(笑)

 

 

リゾバについて質問にお答えします!

リゾバを卒業しましたから、気になる質問にある程度答えられると思います。これからリゾートバイトを始めようと思っている人には辛い答えとなりますが、全て事実です(笑)

仲良く楽しく働くにはかなり性格を鈍感にしないと難しいでしょう。

すぐ病んでしまったので、派遣先の人間関係や寮・仕事内容に関しては一切信用しない方がいいですね。

Q1.荷物はどれくらい?段ボールで寮に送ってもOK?

段ボールで派遣先の寮に送ってもいいですよ。むしろ送らないと辛いです(笑)1回目の派遣の時、迷惑をかけたくなくて全て手荷物として持って行きましたが非常に疲れました(笑)派遣先の管理人は慣れているので、段ボールが何箱になっても大丈夫です。必要最低限の手荷物だけ持って、あとは全て段ボールで送っても大丈夫です。着払いは厳禁なので、そこだけご注意願います。

Q2.寮に持ち込めるものは?

その昔、楽器(ギターやピアノ)を持ち込んでいる人もいました。必要であれば、冷蔵庫・空気清浄機・炊飯器・ポット・パソコン・デジカメ・テレビなど。求人票で寮の設備を確認し、送れる物は送るといいです。実家から送ってもらう人も割といます。環境が変わるので、不便することも多いですから退屈しないモノがあればいいですね。

Q3.求人情報と現場の待遇が違う!

よくあることです(笑)気になった求人票をしっかり読み込み、質問があったらどんどん派遣の担当者に聞きまくって下さい。「たぶん○○だろう」と思って聞くのを面倒くさがらないように。きちんと教えてくれる担当者もいればそうでない人もいますから・・・(笑)自分の中で新生活のイメージが出来るようになれば完璧です!

また、派遣されても現場での待遇や環境が違うことも予想してください。あまりにも違う時はそこで鵜呑みにせずに派遣会社の担当者に相談しましょう。改善できるところは改善してもらえる時もあります。(そうでない時もあります。)まずは相談!ですね。

求人と現場で違うことは結構あるんですよね・・・担当者が派遣先の全てを見ているかどうか?といえばそうでないと思います。やっぱり働いてみないことには。

Q4.クビになったりする?

なります。事実、クビになったこともありますし、周りでクビになった人も何人か見てきています。正直に告白しますと、自分の場合、寮でネット環境が無くて派遣先以外の近所のホテルのWi-Fiを使ったことで契約期間を短縮されました。あ~・・・今思い出しても自分に腹が立ちます。そんなこともあるんです・・・。

仕事は自分なりに一生懸命やって、勤務開始の頃は遅くて怒られたけど素早くこなせるようになって褒められるようになったんですが・・・。う~・・・悔しい・・・。他にもクビになった人は、その人の勤務態度が主な理由だと思います。でもそこは一般社会と同じことですし、普通の地元の就職やバイトのように真面目にテキパキやっていけばクビにならないと思いますけどね(笑)リゾバといっても、普通のバイトとほぼ変わらないことが多いこともあります。

Q5.恋愛関係に発展する出会いはある?

あります。何組かカップルの情報は聞きますしね~。皆さんそれぞれに幸せになっていただきたいものです。出会ってから大体2~3ヶ月程で付き合いだしてます。そのあとどうなってるかは・・・知りません(笑)羨ましいです。

Q6.職場でいじめられる?

いじめられたことはあります。全ての職場がそうではないです。その時は1ヶ月で部署異動しました。たった1ヶ月でも辛かったです・・・。泣きながら出勤して泣きながら帰ったことを思い出しました。今はその求人は無いです(笑)HPを見たら無かったので・・・。この事件がきっかけで求人を打ち切ったのかも知れません。多分。

そういった時も必ず派遣会社の担当に相談しましょう。何が起こっているかを事細かに教えなければなりません。ソイツに言われたことはメモして保存しておくといいです。あとで材料になるでしょう。でも派遣会社は完全に味方にはなれません。派遣社員(自分)の勤務態度を、派遣先の他の人間から聞き取らなければなりません。

いじめがこちらの「思い込み」であるケースもあるからです。それでも「いじめ」だと判断されたら、勤務先を変えるか部署異動できるかの話になると思います。この頃は毎日泣きながら派遣先に電話してましたね・・・(笑)

今では良い思い出?になる・・・いや、ならない(笑)すぐに職場を変えられるわけではありませんが、短い間なので耐えて、担当者としっかり話しましょう。

Q7.人間関係を円滑にする方法は?

「地元のオバチャン」は厄介ですね・・・。派遣先が全員派遣社員で構成されているとは限らないし、当然地元雇用の方々もいます。オバチャンは悪口を言うのが仕事、だと思って割り切ったりして流すほかないでしょう。

仲良くなろうとしてそっち側のグループに入る必要性は全くありません。ちなみに、悪口を言う人と言わない人は分かれていますから、仕事に慣れながらそういった方を見極めれば良いと思います。面倒くさい仕事を率先して行う、苦手な人(オバチャン含む)の手伝いもきちんと行う、挨拶は欠かさない、時間を守る、など出来ることをテキパキとやっていってください。

一般社会のバイトとそういった点は変わらないと思います。あくまで仕事がメインですから、必要最低限のことをきっちりやって、オフの時は遊んだりしてリゾバを楽しんで欲しいと思います。

Q8.一緒の派遣社員はどんな人がいるの?

リゾバといえば「ここでしか味わえない人生経験~」と言われますが、普通に考えたら「良い歳して就職してない人」の集まりですからね・・・良い意味でも悪い意味でも。そんな人も少なからずいます。

留学・ワーキングホリデー等の資金を貯める、開業資金の貯金、夫婦であちこち周る人、その派遣先が好きになったリピーター、帰国子女、受験生、何でもアリですね。逆に、一般社会で就職出来ないような、性格に難のある人も。一部分ですが。

Q9.本当に貯金可能?生活費は安く抑えられる?

派遣先が田舎の場合は、ストレスを発散する場所が少なくて逆にお金を使っちゃいそうな気がします(笑)近所にコンビニがあったら、ついついお菓子や甘いものを買ってしまいます・・・飲み屋に行く人が好きな人は通っているでしょうね。しっかりとした目的と意志があれば、使わなくても済むんですが・・・。高時給で周囲に何もなければ尚良いでしょう。

Q10.今の派遣先が辛い。辞められる?

求人票でしか派遣先の状況を把握することが出来ないので、「こんなはずじゃなかった!」「こんなこと聞いてない!」というのがよくありました(笑)ちゃんと説明してくれる担当がついていてくれば良いんですが・・・。

その時は派遣会社の担当者に相談しましょう。話し合った上で、明確な理由があれば辞められることは出来ます。派遣会社と派遣先との了解を得て、退職しましょう。相談したからといってすぐに辞められるとは限りませんので、早めに相談して下さい。

Q11.契約短縮は可能?

可能です。あまりにも酷い派遣先に当たってしまって、短期(3ヶ月)を満了出来ずに帰ったことがあります(笑)もちろん派遣と相談した上です。その際は交通費が出ませんので、ちょっとそこは仕方がないのですが・・・。

それ以上その派遣先に留まると本当に頭がおかしくなりそうなので辞めました(笑)派遣社員だって楽しく働きたいんです。どうしても辛かったら辞めても良いと思います。

Q12.契約を満了できるか心配。

その不安はどこの派遣先でも感じながらやっていきました。しかし世の中には色んな人がいるもので、1日で辞めた人や、1日も来ないで勝手に辞めた人もいます(笑)そういう人は従業員寮に制服と部屋の鍵を置いて、トンズラするんです・・・。

こんなケースもあるので、あまりそこまで真面目に取り組みすぎたり力みすぎると良くないと思います(笑)ずっとそこで働くわけではないので、淡々と仕事に取り組んでプライベートは楽しむ、というスタンスがいいです。

Q13.担当者に「アタリ」と「ハズレ」がいるって本当?

本当です(笑)ちゃんとテキパキ答えてくれる人もいれば、適当な人もいて、本当に腹が立ちます。派遣会社ごとでその傾向があるのではなく、どの派遣会社でも「アタリ」と「ハズレ」の担当者がいます。

そこは相性もありますが、嫌われる担当者は誰からにも嫌われます(笑)あまり担当者には期待しない方がいいですし、派遣先のエリアごとに担当者が分かれていますから指名は出来ません。

Q14.派遣スタッフの「奇行」が多い?

変な人はたまにいるんですよね(笑)「今までよく生きてこれたな!」と思う人ばかりです。若く見えてもかなりの年配の人とかも・・・。悪い意味で脳みそが若いのかも。だけど一部の人だけですしほとんどの派遣スタッフはちゃんとしていると思います。

良い意味で言えば「自由」ですが、悪い意味で言えば健常者ギリギリ感が否めないです(笑)世の中には色んな人がいるんだな~と痛感しました。そういう変な人を見ると、「自分って意外とマシな人間なのかも」と思えるようになってきます。不思議です。以前は自分への劣等感がひどかったのですが、派遣を重ねるにつれその劣等感が消えていきました(笑)

【まとめ】結局リゾバはやるべき?

 

ここまで読んでみて、それでもリゾバが気になるならやってみて損はないでしょう。

だけど実際にリゾバは始めてみて、この記事以上の事件があるかも知れませんのでそれは覚悟しておいてください(笑)

 

  • 仕事内容は普通のバイトと何ら変わらないけど、せっかくだから良い経験を積んで、楽しんでほしい!
  • 悩み、相談、グチは必ず担当者へ連絡!
  • ここで得た人間関係やコミュニケーション能力は今後も有効に使える!

 

仕事をきっちりこなしていけば、あとは自然に人間関係も豊かになっていくものです。

地元を離れて見知らぬ場所へ行くリゾバなら、素敵な思い出が出来ることは間違いないです。

苦い記憶も、忘れられないくらい強烈な体験談として語れると思います。

 

楽しく遊んでガッツリ稼いで欲しいです。

働き方は人権侵害レベルですが、良い派遣先だったらリピーターになって長く続けていって欲しいです。

これから先、人生経験としていい意味でも悪い意味でも心の中に残るのは間違いないでしょう(笑)

 

 

まとめ:リゾバはオススメしないけど最強の人生経験は得られる(笑)

 

 

自己責任社会にはもううんざり。会社に雇われない、個人で稼ぐ生き方を見つける!

 

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!


 


 



 

タイトルとURLをコピーしました