念願のシリカ水(ケイ素)習慣を開始!肌・髪・血管・骨に必要なミネラルを摂取。

健康増進のために、水分の摂取もこだわっていきます!

シリカ(ケイ素)は健康に必要な栄養素。毎日適量を飲もう。

 

黒塚アキラから一言

こんにちは、黒塚アキラ(@free_happy_life@Akurozuka)です。今日もまた記事カテゴリを新設。「美容・美肌・体質改善」を追加しました。健康情報・検証系の記事が増えたのでジャンルを細かく分類してみました。情報を精査したうえで検証開始!さて、これからどうなるか・・・。非常に楽しみです。

 

前々からやってみたいと思っていたケイ素習慣。毎月evianを購入していたのですが、同じぐらいの値段でシリカ水が買えるなら検証してみたい!と考え購入を決断。

 

 

 

とにかく自分の身体で検証してみないことには、人に勧められません。購入する前にシリカ水の効能について調べました。

 

肌・髪・血管・軟骨・骨・細胞・歯・・・とあらゆる部位に関わってくるミネラルを摂取できるうえ、身体への吸収率も高い。副作用や発がん性もありません。シリカは体内で合成出来ないので外からコツコツ摂取する必要があります。

 

 

 

アンチエイジング・健康増進に必要なケイ素を水で補える手軽さ!(笑)検証は始めたばかりなので、何ヶ月か経ったとに検証結果を確認する予定です。

 

 

効果・効能はしっかり調べましたが、ちゃんと肌や髪に効果が現れてくれるでしょうか?(笑)正直、今は半信半疑ですけど、決断した以上は最低1年は飲み続けます。

 

 

ケイ素やシリカ水について興味を持っている方や、シリカ水を始めるにあたって不安のある方は今回の記事を是非読んでみて欲しいと思います。

 

 

長期間続けられる健康習慣を作っています。

 

 

【失敗談】地に足のついた現実的な健康習慣を始めなくては。

 

スピリチュアル情報に依存していた頃は、「蒸留水」こそが最強の水!だと思い込んでいて長期間摂取していたことがあります。今思えば非常に危険で自殺行為の何物でもありません。

 

 

本当に、水選びは慎重に考え情報を調べたうえで冷静な頭で購入しないと、時間とお金だけでなく健康までも失ってしまいます。別ブログの記事で体験談と後悔を綴っていますが、恥ずかしくて情けない・・・(笑)よく堂々とネットに公開出来たものです。

 

 

 

そのうえで考えた、シリカ水(ケイ素)の習慣。また何か言われそうな気がしますが・・・(笑)水だけでは健康が保てるわけないので、食事も今まで通り満遍なく摂り、いつものルーティーンに加えます。

 

 

芸能人がTwitterやInstagramで急に宣伝するからステマに見えてきて、どうしても怪しく見えちゃうんですよね。そういう宣伝の仕方は本当に辞めてほしい。だから検索結果に「シリカ 怪しい」って出てしまうんです(笑)

 

 

味が急激に変わるわけでも無いし、明日から髪がサラサラツヤツヤに変化することも無いのに・・・。芸能人の広告は無視してください。

 

 

当たり前ですが、味は普通の水です(笑)毎日静かに少しずつコツコツ継続するからこそ意味があります。

 


 

以下のブログで延々と後悔と体験談を語っていますが、スピリチュアルな効果に依存した健康検証は絶対やりません。ちゃんと地に足がついた現実的な健康結果を得られる習慣を作りたいと考えています。

 

蒸留水の検証は失敗、スピリチュアル効果はもう求めない!

 

水分摂取・運動・食べ合わせ・睡眠・・・と1日の健康を全般的に考えた習慣を作り、同じ失敗は繰り返さないように努めます!

 

2021年5月6日、シリカ水検証開始!

 

Twitterで検証開始のつぶやきを投稿しました。写真を撮ればよかった(笑)興味を持っているフォロワーさんもいたので、その人の為にもしっかり健康増進と両立したシリカ水生活を検証します。

 

 

 

最低でも1年は継続し様子を見てみます。肌や髪が目に見えるぐらい変わってくれればなぁ…と期待(笑)

 

毎朝エビアンを飲んでいたので、毎月水をペットボトルで買う事の抵抗はありません。投資額も同じくらいだし。金銭面は月2,300円くらいなので問題無し!安く始められるのが魅力的。

 

シリカ水の具体的な効果・安全性・評判を検索すると・・・?

 

今回シリカ水の検証を始めるにあたって、色んな記事を調べました。「副作用は?」「安全性は?」「シリカ水に騙されるな!」と刺激的な記事タイトルがやけに多かったです。芸能人のステマ広告の反動ですね(笑)

 

 

過剰な広告は疑心暗鬼になるだけで本当に大迷惑。飲んでいるだけでこっちまで「怪しい人」と思われそう。でも記事を読んでみると、中身はシリカ水のアフィ広告+公式サイトの紹介。結局宣伝か!(笑)

 

 

当ブログはそんな過剰な宣伝はしません。淡々と情報を伝えて、取捨選択はお任せします。散々不安を煽ったうえで「はい!シリカ水どうぞ!」と言えません(笑)健康増進にはお金と時間と根気強さが必要だからです。

 

 

あくまで「地に足着け、人の不安を煽らず、自分のために」シリカ水を検証します。

 

 

極天然水公式サイトが発表する「シリカ」の効果

 

シリカ(ケイ素、珪素)は、お肌や髪、爪、血管、細胞壁などに含まれ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンを作ったり、強化する働きをします。

 

シリカは年齢を経るとともに減り、40歳以降はほとんど作られなくなります。例えばお肌の老化も、シリカの不足が原因のひとつなのです。

 

日本人の食事摂取基準などに、シリカの摂取推奨量は定められていません。

しかし、アメリカのフラミンガム研究という世界的にも信頼性の高い研究機関から2004年に「骨の形成にカルシウムやマグネシウム以上にケイ素(シリカ)が効く」と発表された時の骨密度とケイ素(シリカ)の関係性のデータを見てみると、1日に10~25mgでも効果を見てとれますが、丈夫な骨を造り維持する為に、30~50mgを摂取する事を心がけてみてはいかがでしょうか。

 

玉肌シリカ天然水公式サイトの発表

 

“シリカ”は地球上で酸素の次に多く存在している物質で、主に土や岩などに含まれるミネラルの一種で別名“ケイ素”とも言われています。

このシリカ(ケイ素)(Si)は、圧力、温度などの条件により、様々な形を摂っている物質ですが、主に「結晶性シリカ」と「水溶性シリカ(非結晶性シリカ)」の2種類に大別されます。

 

このうち、体内に取り入れてはいけないのは、「結晶性シリカ」。

身近なものとしては、水晶や除湿として使用されているシリカゲルなどがありますが、これらは健康に害を及ぼす可能性があるため食品などで使用することは禁じられています。

 

一方、「水溶性シリカ(非結晶性シリカ)」は安全性も保障されており、その特質から食品や食品添加物、顔料としても様々なものに使用されています。

 

また、シリカ(ケイ素)は、土の中に多く含まれる成分ですが、私たち人間の毛髪や爪、肌、骨、血管など様々な部分を構成しているミネラルでもあります。シリカ(ケイ素)は、様々な食物にも含有されています。

主に穀物類に多く含有されていて、野菜などにも含有されていますので、毎日のお食事でも摂取することができます。

 

多量に体内に蓄積することで、健康障害を及ぼすミネラルもありますが、シリカ(ケイ素)は排出され、蓄積されることはありませんので安心です。

 

しかし体内のシリカ(ケイ素)は日々消費されていると言われています。
まとめて摂取しても体に吸収される量には限り、せっかく摂取しても排出されていまいますので、日々適量を摂取することがおすすめです。

 

つまり、シリカ水を適量摂取しながら穀物類も満遍なく摂ろう、ということです。当然ですが何事もやり過ぎは健康を損ないます。過去の私みたいに(笑)健康習慣の一部として楽しくシリカ水を摂りいれましょう。

 

騙されちゃいけないのは、芸能人の過剰なステマ広告。

「シリカ水は怪しい」と言われるのはステルスマーケティングのせいです。以下のツイートのように、偶然見かけたバス停の写メがこんなにたくさん並ぶはずありません。今の時代はステマに敏感なので、こういう売り方はすぐに化けの皮が剥がれます。

 

 

 

 

「なんか最近同じ商品の広告を見かけるなぁ」と思ったら、まずはステマを疑ったほうがいいですね。騙されてはいけないのはシリカ水ではなく、芸能人やインフルエンサーのステルスマーケティングです。

 

【正解は1年後】3ヶ月後、半年後、1年後の結果が楽しみです!

 

検証開始から最低でも3ヶ月~半年、1年は様子を見たいです。まさに「正解は一年後」(笑)とりあえず1年続けて飲んでみないと効果は判別できません。

 

 

肌・髪・歯・・・など、まずは見える部位がどうなっていくのが知りたいです。もちろん普段通りの健康習慣は改善しつつ。何事も過剰な宣伝広告は不安を煽られるだけ。

 

良い情報を見つけたら淡々と検証開始するのみ。必要以上の言葉は要りません。

 

 

しばらくしたらシリカ水の続編の記事を投稿する予定です。その時には美肌になってたら嬉しいな~(笑)なんて、色々妄想したくなりますが現時点でまだ1ヶ月も経っていません。

 

 

気長にシリカ水習慣を続けていきます!シリカが健康増進の底上げになってくれると信じたいです。

 

 

シリカ水のステルスマーケティングに注意。
情報を精査したうえで、冷静に検証開始。

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!