【有益】全ブロガー必携!「ザ・コピーライティング」で心の琴線に触れる言葉の法則を学びブログ運営・記事執筆に実験中。

読者の心を鷲掴みにするコピーライティング能力を学びたい方へ。

文章構成能力が飛躍的に向上すること間違いなし!全ブログ運営者必読。

 

 

タイトルが入ります。

こんにちは、黒塚アキラ(@free_happy_life@Akurozuka)です。今日は全ブロガー必携の名作をご紹介。売れるコピーを量産するなら「ザ・コピーライティング」を読むしかありません。むしろこの1冊で十分。広告・宣伝・キャッチコピー・ブログ記事・・・全ての文章に的確な効果をもたらす方法を学びましょう。

 

 

全426ページ、価格3,200円+税。1冊買って充分長く愛用できる必携の書。帯でメンタリストのDaigoさんが価格の10倍以上の価値がある」と脱帽するほどの重厚なボリュームです。電子書籍全盛期の今、あえて紙書籍で買うべき一冊です。

 

 

 

どこから読んでもブログ運営に重要な要素ばかり。記事を書くWebライター、ネットで仕事をする人にとって読者に訴えかけるコピーライティング能力は必須科目です。

 

 


 

 

普通に会社に雇われていても将来はありません。いまのうちにコピーライティング能力を身につけて読者や購買層の心を惹きつける文章を操れるようになりたいです。これからも末永くブログ運営を続けていく予定なので、今日の「ザ・コピーライティング」は何としても習得しなければなりません。

 

 

 

ブログ運営関連の記事はこちら!

 

 

ブログを運営する人すべてに読んでもらいたい一冊であり、文章・宣伝のコピーを書く人は絶対読んでいると言われている「ザ・コピーライティング」を、本日はご紹介いたします。伝説のコピーライター、ジョン・ケープルズ氏が書いた内容は現代の広告活動に受け継がれています!

 

 

たった一冊でブロガーの運営能力と文章力のコツを掴める。

 

 

いまや、この一冊を買って本棚に入れておくだけで落ち着くようになってしまいました(笑)ブロガーとしてもっと広告や文章についてしっかり考えなければなりませんから、「ザ・コピーライティング」は戦力として役に立ってくれています。

 

 

これが現代の広告戦略にも使われており、私達ブロガーも参考にしなければ勿体ない。著者はアメリカの「コピーライター殿堂入り」という記録を持っていて、ブロガーにとっての教科書といっても差し支えない内容であると保証出来ます。分厚い本だけど、だからこそ読み応えがあります。もう手放せない。

 

 

 

ブログの閲覧数・収益を増やしたいと真剣に考えるなら、絶対に読んでカバンに入れておきたい一冊です。分厚いので重いですけど、その価値は十分にあると言えます。

 

 

 

 

 

「ザ・コピーライティング」を買ってから長い時間が経ちましたが、今でもブロガーの教科書のつもりで愛用し続けています。セールスレターや商品広告って興味ない分野だと見逃しがちですけど、この本を読んだ後に振り返るとそのほとんどがキャッチコピーのノウハウが詰め込まれていたことに気づきます。

 

 

 

コピーライティング能力はブログ運営者として鍛えられますし日常に難なく応用出来ます。記事執筆の仕事にもフル活用出来るから「価格の10倍以上の価値がある」と言われるのも納得。それでは、どんな内容なのかを簡単にご紹介します。

 

 

知れば絶対欲しくなる一冊。ブロガーとして成長したいのなら危機感を持つ圧倒的な内容です。

 

 

【実証済み】ブログ記事執筆に使える有効的な「35の見出しの型」

 

「ザ・コピーライティング」を絶賛する記事が多数あるのは、現代の副業ブロガーにとって「見出しの書き方」は非常に重大な要素を持っているからです。

 

 

 

「効く見出し」は新情報・価格・情報やエピソードの提供・キーワードなど様々な要素を取り込んで書く手法は、今でも十分に活用可能で広告業界のスタンダードとなっています。その35の型を知るだけでもブログの記事執筆力が上がること間違いなし。私もこれを知ってから意識するようになりました。

 

 

 

見出しの型を徹底マスターしてブログ運営に活かす!
  1. 見出しを「ご紹介」で始める
  2. 見出しを「発表」で始める
  3. 発表のニュアンスがある言葉を使う
  4. 見出しを「新」で始める
  5. 見出しを「いま、さあ、ついに」で始める
  6. 見出しを「とうとう、いよいよ」で始める
  7. 見出しに日付や年を入れる
  8. 見出しをニュースネタ風にする
  9. 価格を見出しのメインにする
  10. 割引価格をメインにする
  11. 特価品をメインにする
  12. 支払いの簡単さをメインにする
  13. 無料提供をメインにする
  14. 役に立つ情報を提供する
  15. 「エピソード」を伝える
  16. 見出しを「○○する方法」とする
  17. 見出しを「どうやって、このように、どうして」とする
  18. 見出しに「理由、なぜ」を入れる
  19. 見出しに「どれ、どの」を入れる
  20. 見出しに「他に(誰か)」を入れる
  21. 見出しに「求む」を入れる
  22. 見出しを「これ、この」で始める
  23. 見出しに理由の「~だから」を入れる
  24. 見出しに仮定の「(もし)~なら、(もし)~しても」を入れる
  25. 見出しに「アドバイス」という言葉を入れる
  26. 見出しを証言スタイルにする
  27. 読み手を試す質問をする
  28. 1ワード見出しにする
  29. 2ワード見出しにする
  30. 3ワード見出しにする
  31. いまはまだ買わないように伝える
  32. 広告主から相手に直接語りかける
  33. 特定の個人やグループに呼びかける
  34. 見出しを質問形式にする
  35. ベネフィットを事実と数字で伝える

 

 

現在のネットは、これらを取り入れた見出ししか検索上位に無いと言っても過言ではありません。どの言葉も消費者の興味をひくものばかり。だからこれらは絶対習得するべきです。

 

 

 

記事の見出しやタイトルを【ザ・コピーライティングを読んだ感想】と書くより、【これを試したらPVが○○%アップ!】【私がブログで○○円稼いだきっかけの本】などと書く方が購買層の心理を刺激します。コピーライティング能力は奥が深いですね。

 

 

 

また、「無料」という言葉を使ったりサンプル提供・有名人の前書き・利用者の証言・連絡先など消費者からの購買層を促す方法「ザ・コピーライティング」には盛り込まれています。より多くの問い合わせや応募・登録・購入を目指す方には必須の教科書です。

 

 

【有益情報満載】ブログの楽しさに気付いて欲しい!売り込み効果を高める20の方法を紹介。

 

「ザ・コピーライティング」にはまだまだ知りたい情報が詰め込まれています。

 

 

広告の真実、訴求性を高める方法、悪い例、様々な広告コピーと比較した検証結果、効果的な要素の十分な説明・・・ブログ運営者なら絶対に学ぶべき内容です。この本のレビュー記事は無数にあるのがその証拠。

 

 

 

それでもあえて当ブログで「ザ・コピーライティング」を紹介したいのは、ブログの楽しさに目覚める人が一人でも増えてほしいからです。自分の意見をもっと発信したい。SNSだけでは足りない。だからブログで好きなことを好きなだけ書く。

 

 

 

 

いまは「SNSで稼ぐ!Twitterで稼ぐ!インスタで稼ぐ!」と宣伝する手法が多いですが、やっぱりブログが最強で最高峰。ブログは自分専用のメディア。デザインも何もかも自分の好きなように決められる。ネットを使って自分自身を発信しようと思ったら、結局ブログ運営に辿り着いてしまうんです。

 

 

 

そんな時、「もっと自分を売り込みたい!」と考えた時に「ザ・コピーライティング」は有効。いや、むしろ絶対にこの一冊しかない(笑)あとは全部類似品。自分を知ってもらうため、ブログに足を運んでもらうため、コピーの書き方や売り込み方は必須科目です。

 

 

 

もっと商品を売り込もう!その方法は既に確立している。
  1. 現在形で相手を中心にして書く
  2. 小見出しをうまく使う
  3. ビジュアルの下にキャプションを入れる
  4. わかりやすい表現を使う
  5. 簡単な言葉を選ぶ
  6. 情報を無料提供する
  7. スタイルコピーとセールスコピー
  8. 好奇心をそそる
  9. 具体的なコピーにする
  10. 長いコピーにする
  11. 実際に必要なコピー量より多めに
  12. 競合相手の得にもなるような表現は避ける
  13. 通販の手法をダイレクトメールに応用する
  14. 誇大コピーか控えめコピーか
  15. 小手先のキャッチフレーズは避ける
  16. 他の人の意見を聞く
  17. 「担当者がお伺いします」と書かない
  18. 通販カタログのセールスコピーを研究する
  19. どの広告でもすべてを説明する
  20. 相手の行動を強く促す

 

 

どれも大事なことばかり。ブロガーとして改めて気を引き締めて頑張っていこうと勇気づけられます。読者にもっと自分の意見を発信したい、ブログで自分の使命を果たしたいと考えるなら読んでおいて損はさせません。出会えて本当に良かった。

 

 

 

ブログ運営のノウハウ記事はネットに数多いですが、名作の一冊にはかないません。今日初めて知った人も、もう既に手に取って読んでいる人も、今夜改めて読んでみて欲しいです。ブログって辛い作業工程ばっかりだけど、一日でも早く報われるための勉強が出来ると考えると安い自己投資です。

 

 

ブログ運営の価値観が一気に変わる。コンテンツ制作が楽しくなる。

闇雲に文章を練っても、誰の心にも響かない。過去にブログを運営し続けてきて何度も「ブログを辞めよう」と思っていました。効率的な文章を書くための科学的な法則・方法があるならもっと早く出会っておけば良かったと後悔します(笑)

 

 

 

これほどわかりやすく、実例を交えてコピーライティング能力の必要性が理解できる作品には今まで出会えませんでした。それと同時に、記事執筆とブログ運営の価値観が変わり、読者目線のキャッチコピーの偉大さを追体験出来ました。

 

 

 

今はネットのどこを見渡しても広告・宣伝ばかり。キャッチコピーはいくらでも世の中に溢れており、常に顧客の争奪戦となっている時代。コピーライティング能力習得の重大性は、ブロガーにとってますます課題となって重くのしかかってきます。

 

 

ブログは自分自身を発信するのに最高のメディアですが、その分コピーライティング能力が試されます。ネットで生き残っていくための自己投資、ブロガーの必修科目として「ザ・コピーライティング」をもっと勉強しなければならないなぁと危機感を覚えました。

 

 

 

 

コンテンツ制作がこれから先楽しくなるのは間違いありません!今まで後発のブロガーがどんどん伸びてきて追い越されるのを見てきて本当に悔しかったんです。負けたくないし、自分のコンテンツをどんどん伸ばしたい。言葉の力を武器にしてブログ運営と記事執筆について模索し続けたいです。

 

 

コピーライティング能力は本業・副業どちらにも活用できる!学び始めよう!

 

今日の記事は大満足のお腹いっぱいの文字数でお届けしました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

でも実際の「ザ・コピーライティング」の方が量は圧倒的です。ブログ運営に戸惑う人、記事の効果的な宣伝方法に迷っている人こそ読んでほしい。いくらSNSが発達してYouTubeなど動画投稿が盛んになっても文章の需要は絶対に無くならないので、本作品は心の底からオススメ出来ます。

 

 

 

出来そうなところから少しずつ真似したり意識するだけでもキャッチコピーの質は激変します。

 

 

ブログ運営・記事執筆で意識すべきこと
  1. 誰のための記事なのか?
  2. どのような悩みや欲求を解決する記事なのか?
  3. どんなキーワードで検索されているのか?
  4. 初心者も玄人も満足させられるのか?
  5. いかに読者の興味を惹き、ストレスの無い文章を生み出せるか?

 

 

ブログ運営を続けてきて年月は経っていますが、実はコピーライティングについて深く考えたことがありませんでした。一度知ってしまった以上は身につけるべき能力です。

 

 

本業・副業どちらにでも活用できる実用的な能力ですから、是非実物を手に取って読んでもらいたいです。

 

 

 

 

文章を書いて宣伝をするのなら絶対必須の一冊。
ブロガーとして生きていくためにコピーライティングを学び続けます。

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!