【筆文字作品28】好きな事で生きる覚悟!「信念を持たぬ人間は、あらゆることに流される。」(マルコムX)

筆文字は自分を奮い立たせてくれる。

信念をもって現実を見る、夢を見る!

 

黒塚アキラ
こんにちは、黒塚アキラ(@free_happy_life)です。今日の作品も良い感じ。ようやく自分の字体が作れるようになってきたかも知れない。でもまだ書きづらい字があるので弱点克服を重視します。

 

 

筆文字を書くのに慣れてきて、長文を書けるようになってきました。最初の頃はあれだけ苦労して疲労困憊だったのに(笑)創作活動用の体力・集中力が身についてきたみたいです。

 

 

 

最近筆文字作品を投稿しまくっているので、ストックが無くなってきました(笑)そろそろ次の作品たちを書かなければ・・・。

 

 

筆文字で書くのは本当に大変で、集中力を要します。集中力が切れたら書けません。だからこそ完成した瞬間に達成感と充実感を覚えます。

 

 

 

今日も信念を持ち続けながら、創作活動もブログ運営も行います。先日レペゼン地球解散を発表し話題となりました。最後に投稿された動画の内容が反響を呼び、私も刺激を受けました。彼の言葉が視聴者の胸に突き刺さります。

 

  • 好きな事で生きるには、夢を見るのと同じくらい現実を見る
  • 全てはビジネスで繋がっている。
  • 好きなことをするために、好きではないことをたくさんこなす。

 

レペゼン地球は夏ごろにファンになったばかりなのにもう解散・・・しかも、結成当時から解散までの道筋をしっかり立てていたとの事。

 

 

彼らのように終わりを見据えて活動を続けられる人間がどれだけいるでしょうか?「好きな事で生き続ける」人生は本当に過酷です。彼らから刺激を受けて、自分の夢や目標を見失わず生きていきます。

 

 

前回の作品はこちら!

 

 

今日の筆文字作品:「信念を持たぬ人間はあらゆることに流される」

 

今日の名言は、「信念を持たぬ人間はあらゆることに流される」

 

マルコムX(黒人解放運動活動家/Wikipedia)の有名な言葉です。信念をもって今日を生きよう。信念・目標・夢など明確な感情が無ければ、あっという間に現実に流されてしまいます。

 

 

現実に流されないように、自分を常に奮い立たせ続けます!先日のようにブログの連続投稿記録が途絶えないように頑張ります!(笑)

 

 

ブログ記事連続投稿の記事(別ブログ)はこちら。

 

 

マルコムX(黒人解放運動活動家)の名言一覧

 

そして、作品はこちらです。平仮名はかなり形になってきました。「いろはうた」で練習したおかげですね。漢字は書きやすい字と書きにくい字があるので要練習

 

 

前回の「切磋琢磨」が良すぎたので、ちょっと完成度に落差を感じます。今回は80点ぐらい(笑)

 

 

「切磋琢磨」の作品はこちら。

 

 

今回の作品もInstagramで公開しましたので宣伝します。インスタで少しずつファンが増えていて嬉しいです。活動を始めた頃はこんなに筆文字の感想を言われると思っていませんでした。

 

 

皆さんありがとうございます♪ますます創作活動を頑張れます!Instagramは日常・創作作品が中心でゆっくり投稿しています。興味があれば是非フォローしてください。

 

 

 

 

Twitterではいつも作品を最速公開。

 

Twitterで朝の5:30頃に挨拶ツイートをしています。筆文字作品を添付すると反応が全然違いますね。手ごたえを感じられるようになると、創作活動のモチベーションが変わります。

 

 

Twitterは毎日常駐しているので、作品を最速公開で投稿中です。インスタよりTwitter派の人は是非フォローしてください。目指せ!フォロワー数1万人!(笑)

 

 

 

好きなことで生きる覚悟を決める。

 

現実は辛い事ばかりで、仕事も人間関係も問題が山積みです。ブログと創作活動が私の生きる道。だけど好きな事で生きていくには、その何倍分も好きではない事をしなければならない。

 

 

現実は過酷です。夢と同じぐらい現実を見る!信念を貫き通しながら生きる毎日は、楽しくもあるし、孤独でもあります。

 

 

だけどそんな毎日こそが長年探し求めていた生き方です。ブログにもSNSにも仲間がたくさんいるからこそ、信念を持ち続けられます。明日も頑張って生きていきましょう!

 

 

次回の作品はこちら!

 

 

他の筆文字作品はこちら。

[randlist cat=122 num=3]

 

 

創作活動を通して生き方を日々定められるようになりました。

 

 

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!