Twitter×ブログで現実創造と試行錯誤を発信中!創作活動や最新情報をチェックしてください!
心の闇と世界の嘘「Magic is My World.」 創作ブログ「週間創作活動誌 とりぷるL+」

毒親持ち年収117万円のワープアが抱えるコロナへの不安、投資の悩み。日本滅亡論に負けない!

投資信託・資産構築
この記事は約14分で読めます。

「世界的大混乱を眺める観客であれ。主人公になってはいけない。」

去年出会ったメンター(先生)から言われた言葉です。

 

こんにちは、黒塚アキラ(@free_happy_life)です。

 

新型コロナウイルスのせいで世界的大混乱に陥っている中で、とある先生から言われた言葉です。

感染しないよう一人ひとりが徹底的に慎重な行動をすることは勿論ですが、この大混乱からチャンスを掴まなければワープアからは一生脱出など出来ません。

年収117万円のような身分の人間は特にです(笑)

日々歴史的最悪な事態を更新し続けている現実を眺めながら、このブログを書いています。

 

先生との出会いの記事はこちら。

 

2月にEUからイギリスが離脱したことが今後の投資にも影響するかな・・・

なんていう記事を書こうかと思ったけどもうそれどころじゃなくなりました(笑)

「歴史的瞬間」の興味は今や新型コロナウイルスに移っています。

 

 

新型コロナウイルスの騒動によって、人間社会の本性や汚い部分がクローズアップされる事態が多発しています。

読者の方々もそう感じたことは無いでしょうか。

混乱を眺めるたびに悲観的なニュースが流れますが、マスコミは煽ることが仕事なので影響されてはなりません。

 

 

SNSの投稿がどこまで本当かを見極めようと目を凝らすのは時間の無駄です。

悲劇の主人公にならないよう、観客として冷静に今の状況を眺めていくべきです。

先生からそう教わりましたのでシェアします。

 

新しい働き方を考える記事もご覧ください。

 

預金封鎖は起こらないし、金融機関で勧められた商品を買わない!

コロナショックで預金封鎖は起こるのか?
預金封鎖は財産権侵害で憲法違反の恐れがある。預金封鎖が起こると海外投資家が資金を引きあげて株価が大暴落する可能性も。アメリカがそうさせないはず。

 

先生がそう言うなら・・・とそのまま鵜呑みにしてしまいました(笑)

トイレットペーパーのデマが流れたことも一時期ありましたが、さすがに「預金封鎖」のデマは起こっていないようです。

銀行相手のデマを流すのはタチが悪すぎます。

預金封鎖など起こってしまったら日本経済も株価も投資業界も大パニックです。

コロナウイルスで人が死ぬより別の理由で死ぬ人が増えてしまいます。

 

 

もし本当にそんなことになってしまったら・・・

投資信託業界のプロの方々でも読めないような状況も起こり得るかも知れません。

これは本当に最悪な状態ですので今はまだそこまでは考えられないし、考えたくも無いですね。

コロナ騒動で投資や株を始めた人が急激に増えたというニュースをどこかで見ましたが、預金封鎖となってしまったらそういう人たちの資産も危うくなってしまいます。

 

 

また、これは生まれる前の話ですが、「豊川信用金庫事件」がありましたね。

今だからこそ、再来と思えるような事件がTwitterから発生するのではないかと危惧しています。

もちろん普段だったらこんなこと思いつきもしないです。

 

 

 

言い方が悪いですがTwitterというのは想像以上に色んな人種がいます(笑)

トイレットペーパー品薄のデマがTwitterから発生し、全国で買占め事件が起きたばかりです。

「何でも煽れば売れる」と思っている転売ヤーは多いです。

 

 

 

今はマスクなどの転売規制があるのでアレやコレが品薄になる・・・

なんてことは無さそうですが、この事件を知らない世代が増えています。

似たようなデマからパニックが発生する可能性がありますね。

 

 

 

銀行の預金封鎖を煽るなんてさすがに現れないと思いたいですが(笑)

そこまで日本人のモラルは低下していないと期待したいです。

 

 

さらに気をつけなければならないことは、この新型コロナウイルス騒動に乗じた証券会社の金融商品を勧められて買ってしまわないことです。

これは「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」の本にも書いてありました。

 

 

投資信託初心者にとって非常にわかりやすい内容だったので、この一冊が最初の一冊となってくれて本当に安心です。

とにかく「証券会社の口車に乗るな」がキーワードですね(笑)

 

投資信託初心者は必須!

 

当ブログでおすすめするのは、ネット証券会社で口座開設をすることです。

対面の金融機関の窓口は今のコロナ情勢上難しいし、何より知識が無いから興味を持つわけですから証券会社の社員にうまいことカモにされて終わりです。

自分で商品を選べて、自分のペースで購入できるのがネット証券の強みです。

迅速確実で手数料も安い、投資情報が豊富で取引画面が使いやすいのがSBI証券の魅力です。

 

 

投資家としての第一歩はまず口座開設。これをやらなくては何も始まりません。

ダントツで人気のSBI証券を賢く起用に利用し、資産構築のスタートを切りましょう。

ネクシィーズ・トレードは会員専用のフリーコールもあるので投資初心者に優しい設計です。

本当にオススメできる投資情報は非公開が原則。

新聞に載ってる資産運用セミナー、ファイナンシャルプランナーの無料相談、各種セミナーも目を通しません。(先生に言われたから(笑))

怪しい仮想通貨やマイニング、仕組債、不動産関係などなど・・・

興味をひきそうな情報こそ目を通しません!(笑)

特に今は「主婦でも出来るお得な投資情報☆」的なのは一切読みません。

読んでもこっちが儲かるわけじゃないんで(笑)

 

 

最近変な生命保険のCMが流れててビックリしましたが、このコロナショックに応じて巧みな金融商品を購入させようとする波に乗らないことが重要ですね。

正直、コロナ後の世界が全く想像出来ません。

コロナ後の予想を出来ている人は誰もいないのではないかと感じます。

投資業界においてもです。

今は地道にコツコツ資産を保ち続けるほかないのかも知れません。

怪しいファンドには手を出さない(例:野村MRF)

 

特に「なんだこれ?」と思ったのが『野村MRF』という国内債券ファンドです。

興味を持って手を出すのはそれぞれの自由ですが、個人的にはちょっとやりたくないですね(笑)

明らかにカモにしてるとしか思えませんでした。

 

 

元々債券系はリターンが低いのにも関わらず、信託コストは年1%以内

しかも毎日配当で税金を払い、再投資。ますます「???」です。

投資の勉強を始めてまだ間もないですが、そんな初心者でも「これやる意味ある?」と思ってしまいました。

それなら米国債の方がまだ良いような気がしますけど・・・。

 

このまま積立は継続するべき!絶対に売らない。

世界的コロナ大流行の時にやってはいけないこととは?
積立投信を絶対に止めない!

 

こんな時こそドルコスト平均法の長所をフル活用出来ますよね!

あって良かったドルコスト平均法。家訓にしたいドルコスト平均法!(笑)

株価が低迷しているときは同じ積立金額でも口数を安く買えます。

株価が回復した後にその口数が増えてくれるのを楽しみに待ちたいです。

コロナ後の世界に「株」の概念があればいいんですけどね・・・(笑)

 

 

一体どこまで現在の世界が破壊され、どれだけ新しいサービスが概念が生まれてくれるかは全く先が見えませんが、今できることは積立をコツコツやり、積立金額を上げていくしかなさそうです。

新しい金融商品を開発するほどの頭が無いので悔しいです。

9割の投資家が株安に恐怖して暴落時に売ってしまうと言われています。

なのであえてここで我慢。忍耐。

「株価が回復したときに買いなおす」では資産を守ることが出来ません。

本能的な恐怖心に負けない、ひたすら耐え忍ぶことが今は必要とされています。

 

マスコミの日本滅亡論を真に受けない。

 

マスコミはこんな非常時でもどんどん不安を煽りますね。許せません。

「こんな時だからこそ色々煽って視聴率を稼いでやる!」という精神状態なのでしょうか?

マスコミの考えることは全く理解できません。

医療従事者の現状や助成金・制度などの話をもっとしてもいいのではと思います。

 

 

正直、バラエティ番組で「この料理うま~い♪」とかやってる場合じゃないような気がするんですけど。

コロナ報道の後に「桜前線予想」や「新しいスイーツのご紹介☆」と言って消費行動を煽る報道は即刻辞めていただきたい。

 

 

それと同時に、海外不動産や外貨預金等を勧める発言やツイート、ブログに注意しています。

そういうのはすぐにページを閉じます(笑)

彼らの日本破滅論に構っている場合ではありません。

散々「韓国は滅亡する!」「中国は滅亡する!」と何年も言われてきていますがその間に日本はあらゆる面で各国におくれを取っています。

そもそも、いま日本を脱出なんて物理的に無理なんですが。

預金口座とマイナンバーの紐づけ義務化が始まる?

マイナンバーと預金口座の紐づけ義務化の検討を総務省が支持しており、現実になる可能性があります。

節税のスキルをこれからきっちり習得する必要性が嫌でも高まります。

どれだけキャッシュを残せるかが勝負ですね。

これに関してもマスコミはまだまだ煽ってくることも予想されます。

(マスコミは本当に何でも煽りますね・・・)

タンス預金も保険の意味で少しやっておいた方がいいのかも知れません(笑)

 

 

コロナ大流行のせいでマイナンバーの紐づけを悠長にやってる場合では無さそうですが、この大騒動をきっかけに方向性が急展開する可能性もありそうです。

今はあらゆる予想が「あるかも知れない」と思えてしまう時期です。

それが最悪な予想でも。

日本滅亡論はその最たるものです。

 

 

どんな時でも対応できるように、通貨を分散・運用することも視野に入れることも最近は考えるようになりました。

今すぐ海外移住とはなりませんが、資産をドルに変えておいて日本での生活を続けておいたほうがいいですね。

他にも対応策はまだまだあるはずなので、つたない投資知識しかありませんが色々勉強してみようと思います。

情報は自ら取りに行って混乱を乗り切る!

 

仕事の年収があまりにも低すぎるうえに毒親の干渉でなかなか資産を貯められない状況にありますが、それでも投資に関する知識が日々蓄えるよう努力していきます。

 

 

「コロナに負けない!」ということも非常に重要ですが、「毒親に負けない!」ことの方が今の自分にとっては最大の敵。

コロナ蔓延中に、やってみたいことや検討していることはどんどん実行していって成り行きを見守ってみようかと思っています。

外出自粛で大部分の人がストレスを溜めているようですが、私には信じられません。

今だからこそ引きこもってもっと情報を集めてやれることはいっぱいあるのでは?と思っているんですけど。

 

毒親に苦しめられると生活に支障が出る!

 

アフターコロナの世界について考える人々の数は日増しに増えています。

いかに「個人の力で生きるか?」が焦点となり、その傾向はさらに高まります。

情報収集を欠かさず行っていかなければ2020年を乗り切ることは不可能です!

健康に気をつけて、社会情勢を見つめていこうと思います。

 

 

忍耐:非常時だからこそ黙々と知識を蓄える。

 

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!

 


 



 

タイトルとURLをコピーしました