Twitter×ブログで現実創造と試行錯誤を発信中!創作活動や最新情報をチェックしてください!
心の闇と世界の嘘「Magic is My World.」 創作ブログ「週間創作活動誌 とりぷるL+」

赴任1ヶ月未満で心身を病み、退職後に悪夢を見た体験【リゾバin滋賀編】

旅をしながらリゾートバイト
この記事は約12分で読めます。

1ヶ月未満で契約短縮して即終了!

もう思い出したくない!悪夢でみる程辛かった。

 

黒塚アキラ
黒塚アキラ

こんにちは、黒塚アキラ(@free_happy_life)です。薄給激務・イジメ・人間関係・孤独・栄養失調に苦しんだあの日々・・・どれも辛い思い出しかありませんが、特に滋賀は悪夢を見るほどトラウマです。

こんな人へオススメ!

  • リゾートバイトの闇を知りたい人
  • 「こんな働き方は絶対にイヤw」と思う人
  • リゾートバイトの体験談を知りたい人

 

 

今回は、滋賀の派遣先に赴任してから1ヶ月以内で途中退職した話です。

本当に恐ろしいです。適当に求人を選ぶとこうなります。

 

 

逆に丁寧に選んだとしても派遣先の都合で最悪な部署に回されたりしますから、どうやっても心身を病みます。

こういうのは職場側が改善しなければ何も変わりません。

 

 

「リゾートバイトから離れなきゃいけない」と感じた決定的な出来事でした。

本当に割り切れる人じゃないと長続きしません。

リゾバを始めようと思っている人、現在進行形でリゾバをやっている人どちらにも読んでいただきたい内容です。

ほとんどの求人はこういった地雷求人ばかりです。

どこの派遣先に行ってもあまり期待しない方が良いかも知れません。

なかなか働きやすい求人って見つからないものです・・・。

 

 

どこの職場でも派遣社員って適当に扱われるってことがよくわかりました。

契約前にいろいろ説明されても、現場に行かないとわからない事がたくさんあります。

派遣会社に騙されたわけではないですが、「現場があまりにも過酷すぎ」です。

 

 

地元の人が働きがらない場所だからこそ、何も知らない外部の人間を派遣して補充するしかない。

それがリゾートバイトですね。

色んな観光地で働けるのは魅力的ですが、楽しく長く働ける求人に出会うのは至難の業です。

 

 

リゾートバイトの過去の体験談の記事もご覧ください。

 

二度とリゾバはやらない!新しい働き方改革だ!

 

【リゾバの闇】悲しいことに、これは実話です(笑)

 

当ブログのリゾートバイト体験談は実話です。

リゾバを始めようと思っている方を脅しているわけではありません。

求人選びをしっかりしておかないと、とんでもないことになります。

 

 

派遣会社、もしくは担当者のアタリやハズレで派遣先が決まるので、派遣先についてしっかり質問してイメージしておくことが重要です。

派遣されて1ヶ月未満で辞めたのは、リゾバ生活史上最短記録でした(笑)

 

 

派遣会社は時給が高いのが魅力ですが、担当者があんまり派遣先について実態を把握していないという、とてつもない短所があります。

それからは派遣会社をかえて、今まで長い付き合いのあった派遣会社に戻ることとなりました。

やっぱり古巣が安心ですね(笑)

とはいっても、その担当者が情報不足で実態を把握していないという事はどこの派遣会社に行ってもそうです。

 

 

 

就業先の雰囲気・人間関係・食事・仕事内容の情報が全部抜け落ちていました。

こちら側ももっと担当者に聞いておけば良かったのですが、派遣されてしまってからは文句は言えませんからやるしかなかったのです。

 

 

やっぱり辞めますと現場のマネージャーに伝えた時、「実はこの現場は前にもすぐに人が辞めちゃって・・・」と教えてくれました。

早めにそういうことは言ってくれ!!

腹が立ちました。退職率こそ先に言ってもらうべきなのに。

派遣先も働き方を改善しないし、派遣会社も何も知らされてないし、何も教えてくれないなんて・・・。

 

頭がガンガンする。吐き気がする。

想像以上に覚えることが多く、上下関係も厳しい。

ゆっくり落ち着いて食事もとれない。

愚痴を吐けるような気楽な人間関係が形成しにくい。

仕事中の軽い冗談を言い合えるような空気じゃない。

社員との距離感・・・。

 

 

 

色んな要素が積もりました。そして温泉ではバスタオルやベルトを盗まれる(笑)

という珍事件もあり、あっという間に仕事を楽しめない苦痛の現場となりました。

吐き出せる場所があれば良いのですが、それも出来ずストレスがどんどん溜まる一方で出勤が怖くなりました。

 

 

休日は街に出て散策していたのですが、また派遣先に近づくと吐き気がするんです。

仕事中は社員に萎縮してしまい、どんどん質問出来なくなり、ミスが続きます。

質問するのが怖くなって頭がガンガンしてくるんです。

思い切って聞いたら案の定怒鳴られました。

覚えることが多いとメモの取り漏らしがあって、それでも怒鳴られました。(それはこちらが悪いですけど)

 

 

 

もうここまで来ると、何も出来ませんし何も言えなくなります。

やらなくてはならない仕事は山積みなのに茫然とする時があったこともありました。

退社時間まで終わらせられずに残業した日もあります。

何年も勤務している社員がやっていた仕事を派遣にやらせたら、時間がかかるのは当然です。

 

 

周囲は励ましてくれましたが・・・派遣された担当の仕事がちょうど激務の部署でした。

一緒に派遣された子は比較的明るい部署に配属されたから、その落差に惨めさを感じました。

話せる年代の人も近くにおらず、ますます孤独感が増しました。

もう本当に、無理でした。

休日の午後になると明日が怖くて何も手につきませんでした。

あの時はなぜか涙が止まりませんでした。

もう無理。1ヶ月未満(実質14日)で辞めました。

 

結局話し合いの末1ヶ月未満で辞めたのですが、実は出勤が怖くて1週間以上休んでいた時(つまりサボり(笑))がありました。

一度休むとズルズルと引きずってしまい、なかなか復帰出来なかったんです。

「出勤しなきゃ!」とは思っていました。

ちなみに、今実質の勤務日数を数えてみたらなんと14日でした。

 

 

ビックリして何度も数え直しましたが、やっぱり14日でした(笑)

念のためもう一度確認したら・・・何度見ても14日でした。

という事はたった2週間で心身を病む寸前まで精神がきてしまったという意味ですね。

これは個人の性格もあり、一緒に派遣されていた友人はきちんとやっていましたから、本当に「相性」としか言いようがありません。

 

 

でも確実に言えることは、この派遣先での給料はあまり期待しない方が良いってことです(笑)

全然稼ぎに行けてませんから。

地元のコンビニバイトの方がまだ長く続けられそうです。

課題:派遣会社との話し合いがもっと必要。

 

この派遣会社、担当者がどの人も皆適当です。

今まで見ぬふりをしていましたが、今回の件ではっきり理解しました。

高時給目当てにこの派遣会社を使い続けて我慢していましたが、やっぱり派遣先がきちんとした現場なのが一番

時給が少し安くても派遣先についてしっかり情報収集してある派遣会社を選択するべきです。

 

 

あれこれ聞いても「わかりません」じゃ困ります。

何を質問しても「わかりません」って、会社として成り立ってないですよね。

 

 

実際、求人の説明を聞こうと思って電話をしても担当者からの積極的な説明が無いし、こちらからの質問に一言答えるだけで、プラスアルファの情報が皆無。

事件が起こってからは派遣会社を変えました。

これ以上途中退職を繰り返したくないです。

よく考えたら、ここの会社にしてから長く働けなくなってきたんですよね。

会社とコミュニケーションを取るのは重要です。この派遣会社を使うのはやめました。

やっぱり自分の健康が一番大事!

1ヶ月(実質2週間)で自分の心身が危ぶまれるほど弱い存在だとは知りませんでした。

幸い鬱病にはなりませんでしたけれども、「自分はそういう病気とは関係ない人間だ」と思っていました。

自分には関係ない、という根拠は全くないのにも関わらずです。

 

 

自分の体や健康は毎日の積み重ねのおかげで成立します。

環境が崩れてしまえば簡単に壊れてしまうものだと理解しなければなりません。

毎日のきちんとした食生活、本音を言える友人、適度な距離感の人間関係、健全な就業環境など、落ち着いて楽しく働ける場所を選べるようになりたいです。

 

 

リゾートバイト自体が、その時期や条件によって選べる求人が違いますからなかなか難しい。

数々の派遣先でのストレスが元で蕁麻疹を発症し、健康に気を遣うようになったのはそれからもっと後の事・・・。

 

蕁麻疹発症と治療の全記録。

 

 

以下の記事でもう一本ご紹介しておりますが、この境地をもっと早く会得していれば地獄の派遣先に行くこともありませんでした。

だけど地元で就職先が全くなかったし、毒親の親元で過ごしたくなかったことを考えたら当時は地獄のリゾバを選択するしかありませんでした。

 

健康の大切さを改めて実感。

【まとめ】生き方・働き方を変えるべき時期かも。

 

人間関係・働き方で苦労するのは、地元での固定的なアルバイトや就職と大差ないと感じます。

全国各地の色んな場所を旅するように働けるのがリゾバの魅力ではありますが、短所やリスクも当然存在します。

自分の体調や精神面もきちんとケア出来る就業先があれば長く働きたいのですが、なかなかうまくいきません。

 

 

もうこうなったら根底から変えるしかありません。

今後の生き方や働き方について見直す時期が来ていると感じました。

ずっと派遣をやるわけにはいかないので、新しい生活スタイルを取り入れてレベルアップしたいところです。

 

 

結果:時給だけでなく派遣先の情報が多い派遣会社を信頼するべき!

 

 

自己責任社会にうんざり。会社に雇われない、個人で稼ぐ生き方を見つける!

 

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!



 

タイトルとURLをコピーしました